fbpx

結婚指輪の「幅」による選び方 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

marriage knowledge
結婚情報記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

結婚指輪の「幅」による選び方

結婚指輪

目次

1,結婚指輪は「幅」で 印象が変わる

2,幅の違いよるメリット・デメリット

 ①幅が細い結婚指輪のメリット・デメリットとは?

 ②幅が太い結婚指輪のメリット・デメリットとは?

3,結婚指輪の幅選びのポイント

 ①女性におすすめな選び方のポイント

 ②男性におすすめな選び方のポイント

4,幅だけでなく結婚指輪の「厚み」の 違いも大事

5,まとめ

結婚指輪はその幅によって印象も異なります。あなたが買いたいと思う結婚指輪の幅は何mmあると思いますか?ここでは幅が細い結婚指輪や幅が太い結婚指輪の特徴、女性や男性におすすめの結婚指輪の幅、さらに結婚指輪の厚みについても考えてみましょう。

1,結婚指輪は「幅」で 印象が変わる

結婚指輪を選ぶ際、指輪の幅は慎重に選ぶことをおすすめします。なぜなら幅の大小でかなり印象や着け心地が変わってくるからです。

一般的に人気の高い結婚指輪の幅は2.5mmから3.0mmあたりになります。これぐらいの幅が日本人の指には馴染みがよく、ある程度の存在感も出せます。またデザインにこだわることもできること、カジュアルな場面でもビジネスでも違和感なく着けていられることも人気の理由です。

2.0mm前後の幅の細めタイプになると華奢で上品な印象になります。どのような場面や服装でも違和感なく着けられ、控えめなので指が細い方や手が小さい方は特に好感が持たれます。手持ちの指輪と重ね着けして、さまざまなオシャレを楽しみたいという場合も幅の細い結婚指輪がおすすめです。

3.0mmを超える幅になると平均的な幅のものに比べて存在感が増します。そのため、指輪は似合わないと考える方や自分の指に自信がない方でも、ナチュラルな印象になります。また、幅が広がることで、ミル打ちなどデザインのバリエーションも広がります。

さらに太い4.0mmを超える幅になると、ガッチリした男性の指にもしっかり馴染み、力強い印象になります。これぐらいの幅になると、複雑なデザインや彫りなどを施すことも可能なので、個性を出したい方にはおすすめです。

2,幅の違いよるメリット・デメリット

 ①幅が細い結婚指輪のメリット・デメリットとは?

一般的に細い結婚指輪の幅とは2.0mm前後と言われています。このような幅の細い結婚指輪は細ければ細いほど華奢に見え、繊細なイメージを与えてくれます。着け心地もゴツゴツしていないため手に馴染みやすく、目立たずにフィットするのが特徴です。その点では、プライベートでも仕事でも着けやすい幅と考えられます。

反対にデメリットとしては、刻印やジュエリーの埋め込み等、デザイン面で可能な範囲が限られてしまい、場合によっては加工を断られることもあります。さらに、細いため強度に欠けているので、力仕事をする場合などは外すことも検討しなければなりません。

もしメリット・デメリットを比べてみても決められないという場合には、自分の手に合うかどうかで選ぶのも一つの方法です。自分一人で選ぶのではなく、相手の意見も聞きながら選んでみて下さい。

 ②幅が太い結婚指輪のメリット・デメリットとは?

幅の太いデザインの結婚指輪のメリットでは、無くしにくいことや、着け忘れが少なくなるということがあります。また指輪自体が変形しにくいということもあります。将来の体型の変化により指が太くなったとしてもバランスを損なうことはありません。刻印や模様などが入れやすいため、よりファッション性の高い指輪にすることができます。

一方デメリットとしては、華奢な体型の方や細い指の方は、全体的に見てバランスの悪さを感じてしまうという点があります。そして、太い指輪は通常の細い指輪のサイズよりも0.5~1.0mm程度大きくなります。指への重みを感じやすいこと、指との密着度が高いので、多少の違和感を覚えやすいこともデメリットになります。指輪自体の存在感が増すので、職場やフォーマルな場では指輪を外さなければいけないこともあります。

3,結婚指輪の幅選びのポイント

 ①女性におすすめな選び方のポイント

結婚指輪の幅は、購入の決め手となる着け心地や見た目の印象なども左右するポイントになるので、試着もしながら慎重に選ばなければなりません。

結婚指輪の幅の平均は2.5〜3.0mmですが、リング幅によって手の印象はかなり変化します。2.0mm幅の結婚指輪は細い指の方や華奢な体型の方に似合います。女性の指によく馴染み、愛らしい女性の印象を出せます。上品な印象になりますが、細い指輪は特に変形しやすく、力仕事やスポーツをする場合は外すことをおすすめします。

2.5mm幅の結婚指輪は普段使いもしやすく、細過ぎず太過ぎず、まさにちょうどよい幅になります。着け心地もよく、見た感じも自然です。

3.0mm幅の結婚指輪になると2.5mmよりかなり存在感が感じられます。落ち着いた感じで、安心感のある幅です。

3.5mm幅の結婚指輪は女性の指にはかなりのボリューム感となります。そのため華やかさも演出できます。

4.0mm幅の結婚指輪になると重厚感も出てきます。少し男性的なイメージになり、華やかな雰囲気が好きな女性に向きます。

 ②男性におすすめな選び方のポイント

男性の結婚指輪の幅やデザインはリング選びの際に重要なポイントです。特に幅によっては指輪の存在感はもちろん、手や指の印象自体も変わってきます。やはり二人のバランスも見ながら選ぶことが大事です。

さて2.5mm幅の結婚指輪はちょうどよい幅で、男性でも自然な感じで着けられます。

3.0mm幅の結婚指輪になると程よい存在感で、手のガッチリした男性でも自然な雰囲気で手によく馴染みます。

3.5mm幅の結婚指輪は男性にとって程よいボリューム感となります。指輪の存在感も印象付けられます。

4.0mm幅の結婚指輪になると男性においても重厚感が出てきます。ガッチリした男性の指に着けても存在感はたっぷりです。

4.5mmの結婚指輪になるとかなり個性的で、男性らしさを感じられる結婚指輪になります。

男性の場合、女性よりも幅の広いものを選んだ方が、全体で見た時のバランスがよく、違和感がなくなります。一概には言えませんが、男性と女性では手の大きさや指の太さに差があるので、一般的には0.5mm程度の幅の差をつけるとバランスがよくなります。

4,幅だけでなく結婚指輪の「厚み」の 違いも大事

結婚指輪をデザイン、着け心地などで選ぶ方が多いようですが、実は指輪の厚みによって着け心地などがかなり変わります。普段指輪を着け慣れていない方には厚さが薄めの指輪をおすすめします。薄い指輪の方が着けている時の違和感が少ないからです。ただ薄い結婚指輪は指輪自体の耐久性が弱く、曲がってしまう可能性があります。

逆に指輪を普段から着けている方なら、薄いものよりデザイン性にこだわりを持って選べる厚い指輪をおすすめしますすが、厚い指輪の場合、存在感はありますが、窮屈感や重みが気になることもあります。

結婚指輪の厚さは、男女でお揃いにする場合は1.5mm~2.0mmが違和感なく着けられることができるのでおすすめです。

5,まとめ

結婚指輪は幅によっても印象が異なることが分かりました。細めの指輪は華奢で上品な印象になり、重ね着けなどのオシャレも楽しめます。ただデザイン面で制約があり、力仕事をする時など外さなくてはなりません。太くなるとデザインのバリエーションが広がり個性が出せるようになります。ただ重みが感じられ、慣れない方は違和感にもつながります。

女性の結婚指輪の幅は、指の細い方でも自然な感じで着けられる2.0mmから、華やかさが好きな方に向く4.0mmのものまで選択肢はあります。一方男性では、自然な感じで着けられる2.5mmから、男性らしさが出せる4.5mmのものまで選択肢があります。厚みに関しては、薄いものは繊細なイメージが出せますが、強度が弱く曲がりやすくなります。一方厚いものは存在感が出せますが、重みが気になります。

結婚指輪の幅や厚みは選ぶ方の手の大きさ、好み、二人のバランスなどで変わってきます。印象も変わる要素なので、試着を行いながら自分に合う幅の指輪を見つけてみて下さい。

【関連記事】

一覧に戻る