https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #407 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #407

『単色のデザインで楽しむ、質感の違いのギメルリング』

 
単色のデザインで楽しむ、質感の違いのギメルリング
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-025デザイン一覧
素材:コンビリング
フォルム:ギメルリングストレート平甲丸
テクスチャ:鏡面仕上げマット(つや消し)
リング幅:左4.0mm / 右3.5mm
刻印:手打ち刻印
宝石:ダイヤモンドアクアマリン

 
結婚指輪と一緒に
婚約指輪をオーダーいただいたお二人。
 
“婚約指輪と重ね付けができるものがいいです!”と
お話ししてくださいましたね。
 
そんなお二人が選ばれたのは、
少し変わった形をした“ギメルリング”。
 
”ギメルリング”とは、ラテン語で”双子”を意味し、
2本のそっくりな見た目のリングが
ピッタリと合わさることで、
1本のリングになるという不思議な構造を
しています。
 
また、2本のリング同士が抱き合うように、
1つの形になることから、
”決して離れることのない二人”という
願いを込めてお作りしています。
 
まさに、仲良しなお二人にぴったりの
結婚指輪のデザインですね!
プラチナ単色のギメルリング
男性のリングは、
地金をたっぷり使った
4.0mm幅でお仕立て致しました。
 
地金のお色味は、1本ずつ変えることもできますが、
あえてプラチナ一色を選ばれました!
 
表面のテクスチャーには、
深みのある”錆”のマット加工と、
光沢のある“鏡面仕上げ”を組み合わせることで、
遠くからでもリングのデザインが映える
仕上がりになりましたね!
ダイヤモンドをあしらったゴールド単色のギメルリング
女性のリングは、
男性よりも少し幅感を抑えた3.5mm幅の
イエローゴールド単色でお仕立て致しました。
 
表面のテクスチャーには、
キラキラした糸を
リングに巻きつけたかのような
マット加工”サテン荒縦”と、
つるんとした光沢感が特徴的な
“鏡面仕上げ”の組み合わせで華やかな印象に。
 
また、リングトップを流れるように
ダイヤモンドを5ピースお留めしたことで、
より上品な輝きが楽しめる仕上がりに
なりましたね!
ギメルリングの結婚指輪
“永く身につけるものだから、
着け心地を良くしたい!”というご要望から、
リングのベースとなる形を”平甲丸”にアレンジ。
 
さらに、リングの内側の角を落とし丸く仕上げる
”内甲丸”の加工も施しています!
名前と日付を刻印したギメルリング
リングの内側には、
“お二人が夫婦になったお日にち”と
“お名前”を手打ち刻印で刻み、
ご入籍月の誕生石、”アクアマリン”を
お留めさせていただきました!
単色づかいのギメルリングの結婚指輪
完成したリングを目の前に、
“すごく綺麗です!”と
嬉しいお言葉をいただき、
温かい気持ちになったことを
今でもよく覚えています。
 
鶴でお作りさせていただいた
お二人の結婚指輪が、
これから先も幸せの象徴として、
お手元に輝き続けられることを
とても嬉しく思います!
 
またメンテナンス等でお会い出来る日を
心より楽しみにしております。
 
末永くお幸せに!
 
 
鶴 代官山アトリエ
プランナー:飯島
 
 
381

一覧に戻る