fbpx

Case Study #138 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #138

ホワイトゴールドのマットなソリテールの婚約指輪

オーダーメイドで作れるところを
探されていたお二人。

 

結婚指輪のご相談の後、

2回目のご来店で婚約指輪も

オーダーしていただきました。

 

サンプルリングをご試着していただきながら

お二人が選んだのはひねりの入った

ソリテールタイプのデザインでした。

 

一緒にオーダーしていただいたS字の結婚指輪とも

重ねづけの相性がよかった

18EN-005aはダイヤを抱えるようにして

4本の爪でお留めしています。

 

流れるようなラインが

シンプルながらもエレガンスな雰囲気で

ダイヤモンドの輝きを引き立ててくれる
デザインです。

 

また、表面加工は流れるような質感の

ヘアラインをお入れしています。

 

ホワイトゴールドの素材とマットな質感が

地肌に優しく馴染むような印象に。

 

プラチナとは違う柔らかな素材の印象が

女性の雰囲気にもとてもマッチしていました。

婚約指輪に刻んだ記念日とイニシャルの刻印

内側にはプロポーズのお日にちと
お二人のイニシャルを

レーザー刻印でお入れいたしました。

 

内側に日付とイニシャルを入れることで

男性からの贈り物である婚約指輪が

より一層特別なものに変わりましたね。

 

ご納品時に、箱を開いた瞬間

”可愛い!”と笑顔を見せてくださった女性。

 

お二人がたくさん悩まれて選んだ

婚約指輪を喜んでいただけて

私もとても嬉しいです!

 

結婚指輪ともたくさん重ねづけを

楽しんでくださいね。

 

これからも末永くお幸せに!

 

 

鶴(mikoto)代官山アトリエ 尾崎
婚約指輪:18EN-005a(アレンジ)

 

101

 

一覧に戻る