https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #152 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #152

『平甲丸のマットなホワイトゴールドの結婚指輪』

平甲丸のマットなホワイトゴールドの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18TE-018
素材:ホワイトゴールド(K18)
フォルム:平甲丸ストレート
テクスチャ:マットサテン細
リング幅:男性2.5mm / 女性2.5mm
刻印:手打ち刻印

 
ご入籍を前日に控えたお二人が
代官山アトリエを訪れてくださいました!
 
イメージをお伺いすると、
リングの内側にお花の絵を入れたいと
お二人でご希望。
 
リングのデザインは、
シンプルでつや消しの結婚指輪をお探しでした。
 
マットでおしゃれな結婚指輪
 
お二人が選ばれたのは、
18TE-018のマット加工の結婚指輪。
 
“サテン細”という
格子状に細いラインを入れ込むことで
サテン生地のような柔らかい質感を生み出す
鶴(mikoto)オリジナルのテクスチャーです。
 
光の当たる角度や、見る方向によって
表情が変わる繊細な表情を
気に入ってくださいました。
 
側面にも同じマット加工を施し、
光沢感をなくしてお仕立てしています。
 
お花のオリジナルのレーザーイラスト
 
地金はホワイトゴールドで制作し、
肌に馴染みのある落ち着いた印象に。
 
リングフォルムは”平甲丸”という
平打と甲丸の間にあたる
柔らかすぎない丸みをお二人で選ばれました。
 
少しエッジのきいた平甲丸は
平打の甘すぎないシャープな印象と
甲丸のつけ心地の良さを兼ね備えている
身につけやすいフォルムです。
 
幅を細くアレンジすることで
繊細な印象になりましたね。
 
ホワイトゴールドのマットな平甲丸の結婚指輪
 
リングの内側には
お二人がフリーハンドで描かれた
カモミールのお花を彫り入れています。
 
2つのリングを重ねたときに
花束のようになるのが
お二人がこだわられたところでしたね。
 
イラスト以外は手打ちの刻印で打刻することで
手作りの暖かみも感じられるデザインになりました!
 
オーダーメイドの結婚指輪を着けたお客様の手
 
茎の長さや花びらの大きさなど
お二人とお打ち合わせをしていたのが
つい最近のことのように思い出されます。
 
お洒落で落ち着いた雰囲気の
とっても仲良しなお二人。
 
お二人の末永い幸せを
心よりお祈りしております!
 
 
鶴(mikoto)代官山アトリエ
プランナー:北島
 
 
160

一覧に戻る