https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #283 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #283

『花火大会の思い出を彫り入れた2つで1つの結婚指輪』

 
花火大会の思い出を彫り入れた2つで1つの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:21TE-037
素材:ホワイトゴールド(K18WG)イエローゴールド(K18YG)
フォルム:ストレート平甲丸
テクスチャ:サテン細花火彫り
リング幅:下 3.0mm / 上 2.5mm
刻印:手打ち刻印

 
気になるデザインをいくつか見つけて
アトリエにお越しくださったお二人。
 
たくさんのコレクションリングの
ご試着を重ねていくうちに、
“長く身につけるものだから、シンプルで
飽きのこないデザイン”がいいねと
段々とイメージが固まっていきましたね!
 
そんなお二人が選ばれたのは、
2つのリングを重ねると、
大輪の“花火”が浮かび上がる結婚指輪。
 
“サテン細”という
マット加工をベースに施したことで、
繊細な彫りのラインが、
さりげなくお手元を輝かせます。
花火の模様彫りを施したホワイトゴールドの結婚指輪
男性のリングは、
ホワイトゴールドの素材でお仕立ていたしました!
 
ホワイトゴールド特有の、
落ち着きのあるブラウンがかったような色味が、
人とは少し違ったお洒落な印象に。
 
リングの幅は、
3.0mmでしっかりとボリューム感のある印象に。
 
初めは彫りを入れない方向で
お考えだった男性でしたが、
日常使いでは、花火の彫りを手のひら側に、
お出かけの際には、
トップに花火の彫りが見えるようにと、
リングを回転させることで、
二つの表情が楽しめることから、
“面白いかも!”とお揃いの彫りをお入れすることに。
 
さりげないワンポイントの彫りが、
より一層、特別な演出をしてくれる
仕上がりになりましたね!
花火の模様彫りを施したイエローゴールドの結婚指輪
女性のリングは、
お手持ちのアクセサリーのお色味に合わせ、
イエローゴールドの素材でお仕立ていたしました!
 
華やかながらも肌馴染みのいいイエローゴールドは、
お手元をさらに明るく魅せてくれます。
 
リングの幅は、
2.5mmで華奢な印象に。
 
“ワンポイントで彫りを入れる”という
女性のアイデアは、シンプルなデザインがお好みの
男性の想いもしっかりと取り入れた思いやりから
生まれました。
 
お色味違いでも、
お揃い感のある印象に仕上がりましたね!
花火模様の2つで1つの結婚指輪
表面に施したマット加工”サテン細”は、
お二人がアトリエにお越しいただく前から
”いいね!”とお話しされていたそう。
 
格子状に細いラインを刻むことで、
まるでサテン生地のような柔らかい光沢感を
演出しました。
入籍日を刻印した結婚指輪リングの内側には、手打ち刻印で
お二人が夫婦になった日を
お入れさせていただきました!
 
職人が丁寧に一文字ずつ打刻する文字は、
温かみのある印象に。
 
“真っ直ぐ並んでいない感じが手作り感あっていいね!”と
気に入ってくださいましたね!
木箱に入れた花火模様の結婚指輪
そして、リングを重ねると浮かび上がる
この“花火の彫り”はお二人のお気に入りでしたね!
 
記念日でも行った花火大会の素敵な思い出を
結婚指輪に彫り入れさせていただきました。
 
光の当たる角度や、見る方向によって表情が変わる
鶴オリジナルのテクスチャー”サテン細”と、
職人が一から手を加える”花火の彫り”は
1つとして同じものがありません。
 
まさに、オーダーメイドならではの組み合わせで、
特別な輝きを放つ結婚指輪になりましたね!
花火模様を施した結婚指輪を着けたお客さんの手と鶴(mikoto)のロゴ
お二人だけの素敵な記念日の思い出を
彫り入れた結婚指輪と共に、
これからも素敵な思い出を
たくさん作ってくださいね!
 
一生に一度の大切な結婚指輪作りを
鶴にお任せいただけたこと、
そして、お二人の結婚指輪選びのお手伝いが
できたことを大変光栄に思います。
 
末永くお幸せに!
 
 
代官山アトリエ
プランナー:飯島
 
311

一覧に戻る