https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #317 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #317

『夫婦をイメージしたおしゃれなギメルリングの結婚指輪』

 
夫婦をイメージしたおしゃれなギメルリングの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-025(アレンジ)
素材:イエローゴールド(K18YG)プラチナ(Pt900)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:平甲丸ストレート
テクスチャー:サテン細ライン彫りマット(つや消し)鏡面仕上げ
リング幅:左 4.0mm / 右 3.0mm

 
 
オーダーメイドでこだわりを詰め込めるところに
魅力を感じてきてくださったお二人。
 
そんなお二人が気に入ってくださったのは
“18MA-025”のギメルリング。
 
ギメルリングは
2本の同じ形のリングがピッタリと重なることでひとつになる
特徴的なデザイン。
 
“二人が一つの家族になる”という意味を込めて
制作しています。
 
イエローゴールドのギメルリング
 
1本ずつ地金の色味を変えることもできますが、
あえて男性はイエローゴールド一色でお仕立てしました。
 
1本1本テクスチャーを変えることによって、
2つのリングの重なりを
はっきりと感じられる仕様にしています。
 
1本目には”ライン彫り”という彫りの加工を施しました。
 
“ライン彫り”はリングに対して平行に
何本も線を彫り入れたテクスチャーです。
 
職人が直接彫り入れる”ライン彫り”は
見る角度によってツヤッとした煌めきを感じられる
オーダーメイドならではの加工。
 
もう1本には”サテン細”というテクスチャーを施しました。
 
“サテン細”は、サテンの布をイメージし
糸のような細い線が交差するようにヤスリをかけた加工です。
 
くっきりはっきり模様を感じられる”ライン彫り”と
ふんわりとした優しさを感じられる”サテン細”で、
メリハリを感じることのできる仕様になりましたね。
 
ピンクゴールドとプラチナのギメルリング
 
女性のリングはプラチナとピンクゴールドを
組み合わせてお仕立てしました。
 
プラチナは艶々に磨き上げ、
結婚指輪らしい光沢感のある仕上がりに。
 
もう一方のピンクゴールドは
男性とお揃いの”サテン細”。
 
お二人でテクスチャーに共通点を持たせたことによって、
お揃い感のある、お互いを身近に感じられるデザインとなりましたね。
 
ギメルリングを着けたお客様とmikotoのロゴ
 
お二人で悩んで決めてくださったからこそ
仕上がった”お二人だけの結婚指輪”。
 
鶴の指輪がお二人の幸せの象徴として、
お手元に輝き続けられることをとても嬉しく思います。
 
またメンテナンスの際にお二人にお会いできることを
楽しみにお待ちしております!
 
末永くお幸せに!
 
 
 
鶴 銀座アトリエ
プランナー:吉田
 
 
497

一覧に戻る