https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #276 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #276

『ストレートのフォルムを共通点にしたデザイン違いの結婚指輪』

 
ストレートのフォルムを共通点にしたデザイン違いの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-00418MA-025
素材:ホワイトゴールド(K18WG)プラチナ(Pt900)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:ストレート平甲丸甲丸
テクスチャー:鏡面仕上げサテン細
リング幅:男性3.0mm/女性3.0mm
刻印:手打ち刻印レーザー刻印no.3

 
 
お二人でたくさん意見を交わし合い、
お互いのお好みを尊重しながら
お仕立てしたご結婚指輪。
 
お二人ともベースは
ストレートのフォルムで
男性はホワイトゴールド1色、
女性はプラチナとピンクゴールドの
2色を使ってお仕立てしました。
 
ホワイトゴールドのストレートの結婚指輪
 
男性のリングはぷっくりとした丸みのある
甲丸のフォルム。
 
角のない丸みあるフォルムが
男性の手にすっと馴染み、
つけ心地の良い仕様になりましたね。
 
お色味はプラチナと迷いましたが、
試着の中で男性の肌に一番しっくりときた
ホワイトゴールドの色味でお仕立てしました。
 
また、表面は艶々に磨き上げることで
結婚指輪らしく上品な輝きを魅せます。
 
プラチナとピンクゴールドのギメルリング
 
女性のリングはふたつのリングを
捻って重ねたギメルリング。
 
男性と同様に指輪の角は落とし、
丸みをつけることで馴染みよく、
ずっと身につけていられるような
優しいつけ心地になりましたね。
 
お色味はすっきりとしたプラチナと
女性のお気に入りであった
ピンクゴールドを重ねました。
 
また、ピンクゴールド側には
マット加工”サテン細”を施しました。
 
”サテン細”は格子状に細かく線を入れることによって
金属なのに布のような柔らかさを感じられる、
優しい印象の加工。
 
女性の朗らかな
暖かい雰囲気に
とてもお似合いの加工です!
 
デザイン違いの結婚指輪に刻印した記念日と2人の名前
 
指輪の内側には
愛のこもった特別なメッセージを。
 
“AUDEAMUS”
 
ラテン語で
“一緒に歩んでいこう。
という意味が込められているんです”
と教えてくださった
お二人の姿がとても幸せそうで、
印象に残っています。
 
デザイン違いの結婚指輪をつけたお客様の手
 
ご納品の際には、
お互いに指輪を着け合い、
“綺麗!サイズもデザインも想像通りです!”
とおっしゃってくださいました!
 
またメンテナンスの際に
お二人にお会いできることを
楽しみにしております。
 
末永くお幸せに!
 
 
銀座アトリエ
プランナー:吉田
 
 
442

一覧に戻る