https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #327 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #327

『周りと被らない個性的なフォルムで仕立てたホワイトゴールドの結婚指輪』

 
周りと被らない個性的なフォルムで仕立てたホワイトゴールドの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-003(アレンジ)
素材:ホワイトゴールド(K18WG)
フォルム:ストレート平打ち
テクスチャー:鏡面仕上げ梨地粗艶出し
リング幅:左 2.5mm/右 2.5mm
宝石:ダイヤモンド

 
 
”他の人とは被らないデザインで作りたい”と
オーダーメイドである鶴に
足を運んできてくださいました。
 
平打ちのすっきりしたデザインが好き、
というおふたりの共通点と、
周りと被らないデザインで作りたい、
というお気持ちを掛け合わせ、
シンプルな平打ちのデザインから
少しアレンジを加えてお仕立ていたしました。
 
個性的で被らないホワイトゴールドの結婚指輪
 
男性は平打ちのエッジ部分を少しだけ斜めに削り、
平打ちのシャープさも残しつつ
デザイン性も感じられる”しのぎ”の形に。
 
また、ベースは艶々に磨き上げ、
結婚指輪らしい輝きのあるデザインにし、
斜めに削ったエッジ部分には
マット加工”梨地粗艶出し”を施しました。
 
“梨地粗艶出し”加工は
粒感を感じられるマット加工の上に
艶が出るよう磨きを入れたテクスチャー。
 
一見シンプルなデザインですが、
フォルムやマットの加工で個性を表現した
とっておきのデザインとなりましたね。
 
個性的で被らないダイヤモンドをあしらった結婚指輪
 
女性は上のエッジのみを削り、
男性と合わせて”梨地粗艶出し”を施しました。
 
つるんとした輝きの美しいベースに
一工夫マット加工を施すことによって
他とは被らない印象的な仕様になりました。
 
また、指輪の中心にはダイヤモンドを一石。
 
さりげなく輝く一石のダイヤモンドは
平打ちのシャープなフォルムに合うように、と
スクエアにカットされたものを使用しました。
 
一石だけお留めしたことにより、
凛とした華やかさと
シャープで涼しげな印象を感じられますね。
 
お色味はお二人ともホワイトゴールドです。
 
ホワイトゴールドは
お二人の肌の色に近く、
一番肌馴染みの良かったお色味。
 
試着後に悩むことなく”これだね”と
気に入っていただけました。
 
個性的で被らない結婚指輪をつけたお客様の手
 
ご納品からしばらく経ちましたが、
少しずつ指輪がお手元に馴染んできた頃でしょうか?
 
この度はお二人の大切な
結婚指輪の制作に携わることができ、
本当に光栄でした。
 
またメンテナンスの際にお二人にお会いできる日を
心より楽しみにお待ちしております!
 
末永くお幸せに!
 
 
鶴 銀座アトリエ
プランナー:吉田
 
 
 
480

一覧に戻る