https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #409 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #409

『つけ心地が良いシャープな印象の結婚指輪』

つけ心地が良いシャープな印象の結婚指輪

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-012デザイン一覧
素材:プラチナ(Pt900)
フォルム:ストレート半剣腕
テクスチャ:梨地粗艶出し梨地粗鏡面仕上げ
リング幅:3.0mm
刻印:レーザー刻印No.10

 
ご結婚が決まる前から
鶴のTwitterをフォローいただいていた女性。
 
いざ結婚指輪を探すとなった際に
男性から提案されたお店も鶴だったという偶然があり
お二人でご来店くださいました。
 
お二人が気になったのは半剣腕というデザイン。
斜めに入ったラインに沿って、
立体的にエッジが立つ
シャープな印象のフォルムですが
角が気にならず、つけ心地がいいところを
気に入っていただきました。
 
色味はプラチナ。
斜めのラインを境に、
男性側のリングには“梨地粗艶出し”
女性側のリングには“梨地粗”という
マットを片方の面に施しています。
 
“梨地粗艶出し”・“梨地粗”共に
マットは均一で滑らかな質感が特徴です。
 
“梨地粗”はキラキラとしたラメのような輝きがあり、
“梨地粗艶出し”は梨地粗に磨きを加え、
程よく艶を出したものです。
どちらもしっかりと光を抑えながらも、
カジュアルになりすぎず落ち着いた
光沢を持っているマット加工です。
プラチナのシャープな結婚指輪
もう一方の面は、艶々になるまで磨き上げた
鏡面で仕上げました。
 
マットの結婚指輪を希望していたお二人でしたが
一部に光沢を入れることでマットの質感が
より引き立ちましたね。
 
落ち着きのあるマットの面と
光を強く反射する光沢の面とでコントラストができ
キリッと引き締まった結婚指輪らしい
上品なデザインとなりました。
 
またデザインがはっきりわかるようにと
3.0mmのリング幅をお二人とも選ばれました。
斜めに伸びるラインをしっかりと感じることができる
手とのバランスがいいボリューム感ですね。
 
内側の刻印には
ご入籍日とお二人のお名前を漢字で刻んでいます。
 
お名前の間には
ペットのワンちゃんへの愛が感じられる
肉球のマークを。
内側を見る度に、つい微笑んでしまうような
素敵な刻印内容になりましたね。
日付と漢字の名前を刻印したシャープな結婚指輪
指輪の完成はご入籍日に合わせての
ご納品となりました。
 
ご納品は郵送でしたので
お二人が完成した指輪をつけたお姿を
拝見することはできませんでしたが
“入籍日に身に着けられることが嬉しい!”と
お喜びいただけました。
 
新しいご家族の誕生に合わせて
ベビーリングの制作も検討されていると
お話しされていらっしゃいましたね。
 
ご家族の幸せの証となる
特別な存在の結婚指輪の制作に
携わることができとても光栄でした。
 
またメンテナンスの機会に
お二人にお会いできますのを楽しみにしております。
 
 
鶴 銀座アトリエ
プランナー:今井
300

一覧に戻る