https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #347 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #347

『夫婦をモチーフにしたギメルリングの結婚指輪』

 
夫婦をモチーフにしたギメルリングの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-025
素材:プラチナ(Pt900)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:ストレート平甲丸ギメルリング
テクスチャ:鏡面仕上げ
リング幅:左4.0mm / 右3.5mm
刻印:手打ち刻印
宝石:ダイヤモンドルビームーンストーン

 
“気になるリングがあって、、”と
アトリエにご来店されたお二人。
 
実際にコレクションリングをご覧いただくと、
“シンプルな甲丸のリングでいいと思ってましたけど、
こんなに種類があるなんて思わなくて、、迷いますね”と男性、
それを聞いて女性は、”昨日まではなんでもいいよ!って言ってたんですよ”と
嬉しそうにお話ししてくださいましたね!
 
たくさんのコレクションリングの中から、
“これすごい!”と男性が手に取られたのはギメルリング。
 
“写真で見た時は結構派手かな?と思っていましたが、
実際に着けてみたら意外にいいですね!”と、お二人のお好みがぴったりと合い
ベースのデザインは“ギメル”のリングを選ばれました!
 
同じ形をした2つのリングが1つの形になるという“ギメル”のリングには、
“決して離れることのない二人”という特別な意味合いが込められています。
 
まさに、仲良しなお二人にぴったりのデザインですね!
 
ピンクゴールドとプラチナのギメルリング
 
男性のリングは、
重厚感のある4.0mm幅でお仕立て。
 
地金のお色味は、
プラチナとホワイトゴールドで迷われていましたが、
“色味の差がわかるように”と
プラチナとピンクゴールドの組み合わせで
コントラストが映える仕上がりになりましたね!
 
リングの表面加工は、
”結婚指輪らしさを大切にしたい!”と
艶々に磨き上げた”鏡面仕上げ”でお仕立て。
 
ダイヤモンドをあしらったギメルリング
 
女性のリングは、
3.5mm幅でお仕立て。
 
男性よりも0.5mm幅を抑えたことで繊細さが増し、
お手元をより美しく引き立たせて魅せてくれます!
 
地金のお色味は、お二人ともお揃いの
プラチナとピンクゴールドの組み合わせを選びました。
 
リングトップには、ダイヤモンドを3ピース、
グラデーションになるように、お留めしました。
 
トップにダイヤモンドをお留めしたことで、
ギメル独特の流れるラインを
すっきりと、上品な印象に魅せるデザインになりましたね!
 
日付と名前を刻印したギメルリング
 
リングの内側には、
職人が一文字ずつ、丁寧に打ち入れる”手打ち刻印”で、
お二人の大切な記念日と、お名前をお入れさせていただきました!
 
そして、お名前の間には、
肌身離さず身につけることができるお守りのように、
誕生石をお留めいたしました!
 
オーダーメイドのギメルリング
 
“永く身につけること”そして、“日常使い”を考え、
リングの内側にも丸みをつけた”内甲丸”加工を施しました!
 
内甲丸の加工をつけることで、
脱着時の滑らかな指通り、そして
指を優しく包み込むような付け心地を実現できます。
 
ギメルリングを着けたお客様とブランドロゴ
 
お二人らしい、おしゃれなアレンジと
こだわりを込めたお仕立てした特別な結婚指輪。
 
完成したリングをご覧いただくと、
“わぁ!すごい、、!”
“綺麗!”と喜んでいただけて、
お二人らしい結婚指輪作りのお手伝いができたんだと、
とても温かい気持ちになりました。
 
ご納品後には、
”飯島さんにお手伝い頂けて、本当に良かったです!
2人の良い思い出がまた増えました!”と
嬉しいお言葉をいただきました!
 
お二人のとの楽しかったお打ち合わせのお時間を
今でもよく思い出します。
 
ご納品からしばらく経ちましたが、
あれからリングはお手元に馴染んできましたでしょうか?
 
またメンテナンス等で、
仲良しなお二人にお会いできることを
心より楽しみにしております!
 
末永くお幸せに。
 
 
鶴 代官山アトリエ
プランナー:飯島
 
 
353

一覧に戻る