fbpx

Case Study #98 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #98

ギメルリングが気になって、と
アトリエにお越しになったお二人。

 

幅太でボリューム感のある
デザインで探されていたときに
18MA-025のデザインに出会った、と
お話ししてくださいました。

 

ギメルリングの結婚指輪

 

ギメルリングは
全く同じフォルムの2本の指輪を
知恵の輪のように組み合わせることにより
2つの地金と質感を楽しめるデザインです。

 

たくさんの組み合わせがある中でも
お二人はプラチナと、イエローゴールドの
2つの色味を選ばれました。

 

プラチナとゴールドのコンビリング

 

全体的に少し丸みをつけて制作し
幅太のボリューム感が気にならないような
つけ心地になるよう調整。

 

リング表面の加工は、
ツヤのある鏡面仕上げにすることによって
カジュアルすぎないフォーマルな印象になりましたね。

 

また、全て鏡面仕上げにすることで
2つの地金の色味がよりはっきりとわかりやすい
組み合わせになりました。

 

結婚指輪の内側に入れた刻印

 

リングの内側には
職人が1文字1文字打ち込んで制作する”手打ち刻印”で、

ご入籍日とお名前を打ち入れました。

 

お日付の間には、
ご入籍月の誕生石である
ピンクトルマリンを一緒にお留めしています。

 

内石の色味がわかりやすいようにと
プラチナ側にお留めしたのも
お二人のこだわりです。

 

プラチナとゴールドのギメルリングの結婚指輪

 

いつも柔らかな笑顔が素敵な
優しいお二人。

 

全てお揃いのデザインになりましたね!とお話しした時
お二人ともとっても嬉しそうにされていたのが
とても印象的でした!

 

これからお二人でたくさん
身につけてくださいね。

末永く、お幸せに!

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山
結婚指輪:18MA-025(アレンジ)

 

128

一覧に戻る