https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #373 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #373

『色違いで制作したギメルリングの結婚指輪』

色違いで制作したギメルリングの結婚指輪

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-025
素材:プラチナ(Pt900)ホワイトゴールド(K18WG)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:ギメルリングストレート平甲丸
テクスチャ:鏡面仕上げサテン細
リング幅:左3.5mm/右3.0mm
刻印:手打ち刻印
宝石:サファイアピンクトルマリン

 
ご来店される前に
ギメルリングが気になられていたというお二人。
 
実際にリングをご試着いただくと
2色の地金を使用して制作するデザインを
気に入ってくださいました。
 
お二人が選ばれたのは、
一番初めにピンと印象に残っていた
ギメルリングの結婚指輪。
 
ギメルリングは、
2本のリングを中心でひねり
重ね合わせたようなデザイン。
 
2本のリングで構成されているため、
地金と表面加工をお好みで組み合わせることができる
オーダーメイドならではの個性的な結婚指輪です。
 
お二人それぞれ似合う色味を選ばれ
色違いで制作しました。
 
色違いのギメルリング
 
男性のリングは、
プラチナとピンクゴールドの組み合わせで制作。
 
地金の色は、
女性が男性にお似合いの色味を
選ばれたのがきっかけでした!
 
プラチナは
顔が映るくらい艶のある、
鏡面仕上げでお仕立てし、結婚指輪らしい印象に。
 
ピンクゴールドには
細いラインが格子状に重なり合う
サテン細のマット加工を施し、
優しい印象になりました。
 
プラチナの光沢感と、
ピンクゴールドの落ち着いなマットの
コントラストが美しい組み合わせになりましたね!
 
ホワイトゴールドとピンクゴールドのギメルリング
 
女性のリングは、ホワイトゴールドと、
ピンクゴールドの組み合わせで制作。
 
プラチナと比べると、
黄色味がかった深みのある色味のホワイトゴールドは、
肌に優しく寄り添い、馴染みのいい印象になります。
 
ホワイトゴールド一色で制作するか迷われましたが、
1色を男性のリングとお揃いにすることで
ペア感も大切にしています。
 
リングの表面は、
角を削って丸みを出し
平甲丸というフォルムで制作しました。
 
平甲丸にすることで、
触れる指へのあたりが優しくなり
付け心地がよくなるだけでなく、
見た印象も柔らかくなります。
 
誕生石とイニシャルを刻印した色違いのギメルリング
 
リングの内側には
手作りの温かみが感じられるのがいいと
気に入ってくださった手打ち刻印で刻印を打ち入れ。
 
ご入籍の年・お名前と一緒に
ご自身の誕生石をお留めしています。
 
誕生石は、
ご自身のものを留めたり、
記念日の月のものを留めたり、
お好みの色のものを留めたりと
選び方はお二人それぞれ。
 
内側にも素敵なこだわりが詰まった、
お揃いの結婚指輪になりましたね!
 
落ち着いた雰囲気で
仲睦まじいお二人。
 
これからお二人でたくさん
結婚指輪を身に付けられていってくださいね!
 
末永く、お幸せに。
 
 
鶴 代官山アトリエ
プランナー:北島
 
 
241

一覧に戻る