https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #308 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #308

『S字の湾曲が引き立つ細身の結婚指輪』

S字の湾曲が引き立つ細身の結婚指輪

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-015(アレンジ)
素材:プラチナ(Pt900)
フォルム: ウェーブ(カーブ)S字
テクスチャ:ヘアライン
リング幅:左1.5~2.5mm / 右1.4~2.3mm
刻印:手打ち刻印

 
最初のご来店の際、
一番に手に取った18MA-015
 
細身のカーブ感をお二人とも
気に入ってくださいましたね。
 
その頃はまだご結婚指輪を探し始めて間もなく
“長く身につけるものなのに
すぐに決断していいのだろうか”というお気持ちから
お二人でじっくりご検討いただきました。
 
その後、
“やはり最初に試着した18MA-015
心は決まっていました”と再度ご来店。
 
丁寧にお二人が選ばれたのは
カーブ感が美しいS字のフォルムの結婚指輪です。
細身のS字の結婚指輪。
トップのカーブを描く部分は1.4〜1.5mmと細身で
エッジを強調した平たいフォルムです。
手のひら側にくる部分は2.3〜2.5mmと幅を太くし
丸みのあるフォルムにしたことで
つけ心地もよくなりました。
 
幅の変化がつくことで
細身の部分のカーブ感の印象が強くなり
しっかりとS字のシルエットを感じることが
できます。
 
色味は肌馴染みのいい色味にするか
悩まれましたが
せっかくの結婚指輪だからと
プラチナを選ばれました。
 
プラチナの白金の輝きが
指輪の凛とした存在感を高めていますね。
オーダーメイドのS字の結婚指輪
ご試着される中でマットの柔らかい色味も
気に入ってくださったお二人は
側面の部分にマットを施すことに。
 
選ばれたのは“ヘアライン”というマット加工。
 
マットの中でも、光沢感が強く
鏡面との馴染みの良さが特徴的な加工です。
 
側面は、対面の位置から意外と目に入るところなので
マットを入れることで
落ち着きを感じられる上品な印象になりましたね。
 
内側の刻印には
お二人の大切な門出となる
ご入籍日とイニシャルを刻んでいます。
 
一つ一つ打ち込んでいく手打ちの刻印には
丁寧に指輪を磨き上げていった職人の想いが込められ
手作りの味わいを感じることができます。
細身のS字の結婚指輪を着けたお客様とブランドロゴ
迎えたご納品の日には
完成した指輪を見て顔を見合わせながら微笑む
お二人のお姿をよく覚えています。
 
“楽しくリングを悩んだ時間は、
これからもずっと二人の大切な思い出です”
 
後日お二人からいただいたメッセージのように
時間をかけて丁寧にデザインを考えた分、
想いがたくさん詰まった結婚指輪。
 
その指輪を思い出と共に
大切にしていこうと思ってくださっている
お気持ちが伝わり
私もとてもあたたかい気持ちになりました。
 
これからもお二人の大切な時間を
積み重ねていってくださいね。
 
どうぞ末永くお幸せに。
 
 
鶴 銀座アトリエ
プランナー:今井
284

一覧に戻る