https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #309 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #309

『中心のウェーブを合わせたお揃い感のあるプラチナの結婚指輪』

 
中心のウェーブを合わせたお揃い感のあるプラチナの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
婚約指輪:18MA-013(アレンジ)18MA-017(アレンジ)
素材:プラチナ(Pt900)
フォルム:ウェーブ(カーブ)U字
テクスチャー:鏡面仕上げ
リング幅:男性2.5mm/女性2.0mm
刻印:レーザー刻印no.8
宝石:ダイヤモンド

 
 
優しい雰囲気がどこか似通った、
仲良しなお二人。
 
お二人とも、
指輪にウェーブが入ったデザインが
お好みでしたね。
 
女性は指輪の中心が下に湾曲した
U字のフォルム、
男性は指輪全体がゆらゆらと動きを感じられる
雲形のフォルム。
 
試着を重ねるなかで
“お揃い感は大切にしたいよね”
とお話をしてくださっていたお二人。
 
そこで、男性の雲形のウェーブの一部を
女性のU字に合わせるように、
ウェーブ感を調整してお仕立て致しました。
 
また、お二人とも地金をプラチナで
揃えることによって更に
お揃い感のあるご結婚指輪となりました。
 
ウェーブしたプラチナの結婚指輪
 
雲形は指輪全体が不規則に湾曲し、
断面まで丸みをつけているため
つけ心地がよく手に馴染みやすいフォルム。
 
そのため、
普段あまり指輪をされないと
おっしゃっていた男性の指にも
違和感なく身につけていただける
フォルムです。
 
全面を艶々に磨き上げることによって
光を受け止め、きらりと反射します。
 
ダイヤモンドをあしらったウェーブの結婚指輪
 
アルファベットのUのように
指輪の中心が下にウェーブする
U字のフォルム。
 
ご婚約指輪との重ね着けを
綺麗にみせたいというお気持ちから、
細身の2.0mmでお仕立てしました。
 
また、指輪の中心から外側に向けて
留められたメレダイヤは
S字にウェーブするご婚約指輪から
結婚指輪へと流れるようにデザインされています。
 
ウェーブしたプラチナの結婚指輪と婚約指輪の重ね付け
 
メレダイヤをお留めしたことで
ご婚約指輪との重ね付けの印象はもちろん、
ご結婚指輪単体で身につけられた時にも
エレガントに輝く華やかな仕様になりましたね。
 
エーブしたプラチナの結婚指輪と婚約指輪を着けたお客様の手
 
お互いにたくさん案を出し合いながら
デザインしてくださったからこそ、
お二人のこだわりがぎゅっと詰まった
特別なご結婚指輪になりましたね。
 
お二人のこれからの幸せな日々と共に
鶴の指輪が寄り添っていけることを
本当に光栄に思います。
 
これからも、末永くお幸せに!
 
 
鶴 銀座アトリエ
プランナー:吉田
 
 
467

一覧に戻る