https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #313 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #313

『結び目のように2色の地金が重なるギメルリング』

 
結び目のように2色の地金が重なるギメルリング
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-025(アレンジ)
素材:プラチナ(Pt900)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:平甲丸ストレート
テクスチャー:梨地粗艶出しマット(つや消し)鏡面仕上げ
リング幅:左 4.0mm/右 3.0mm
刻印:レーザー刻印No.10

 
“2色のコンビリングが気になる”
と鶴まで来てくださったおふたり。
 
そんなおふたりが気に入ってくださったのは、
18MA-025”のギメルリングでしたね。
 
元々ホームページをみた時から
印象に残っていたとおっしゃってくださり、
実物を手に取って見ていただいてからも
“やっぱり綺麗だよね”と選んでくださいました。
 
おふたりのギメルリングは
お揃い感を大切にされ、
同じデザインでお仕立てしました。
 
ピンクゴールドとプラチナのギメルリングの結婚指輪
 
プラチナのすっきりとした
結婚指輪らしいお色味と、
肌馴染みの良いピンクゴールドの
お色味が組み合わさり、
お手元に優しく寄り添います。
 
また、プラチナ側は艶々に磨き上げ、
ピンクゴールド側には
マット加工”梨地粗艶出し”を施しました。
 
つるんとした艶のお仕立てと、
深みのあるマット加工、
印象の異なる二つの表面加工を組み合わせることで
遠くから見てもリングの重なりを感じられる
デザインとなりましたね。
 
また、デザインはお揃いですが、
それぞれ手の大きさを加味して
幅を変えることによって
それぞれのお手元に馴染むよう
お仕立ていたしました。
 
男性は4.0mm、女性は3.0mmの幅。
 
たっぷりと地金を使用し、
重厚感を感じられる4.0mmは
男性のお手元に落ち着きと安心感を与えてくれます。
 
対照的に、女性の3.0mmは
華奢で繊細さを感じることができ、
スタイリッシュな印象となりましたね。
 
ギメリングに刻印した漢字の名前
 
指輪の内側にはレーザーで
文字を刻印しました。
 
桜の季節にいらっしゃったおふたり。
 
大切な記念日とお名前の間には
お二人の幸せを祝福するように桜のイラストが。
 
お互いにリングを贈り合うようにして入れた刻印から
それぞれを思い合う優しさを感じますね。
 
ギメルリングを着けたお客様の手
 
ご試着からご納品までお時間を頂戴しましたが、
ずっと身につけていたかのように
お二人のお手元にしっかりとギメルリングが
馴染みましたね。
 
またメンテナンスの際に
お二人にお会いできることを
心より楽しみにしております!
 
末永くお幸せに!
 
 
鶴 銀座アトリエ
プランナー:吉田
 
 
477

一覧に戻る