https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #213 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #213

『多面体の形にお揃いのマット加工を施した素材違いの結婚指輪』

 
多面のマットな結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-008
素材:プラチナ(Pt900)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:多面体ストレート
テクスチャー:サテン荒
リング幅:左3.0mm/右2.5mm
刻印:手打ち刻印
宝石:エメラルドルビー

 
多面体のデザインが気になっていたお二人。
 
アトリエにお越しいただいて
たくさんのサンプルリングを
ご試着いただきましたが
その中でも気になるデザインは変わらず
多面体でしたね。
 
多面体の形にカーブを組み合わせるか
悩まれていましたが最終的には変更をせず
ストレートの形にてお仕立ていたしました。
 
そんなお二人の結婚指輪は
お揃いのデザインを素材違いで制作しています。
 
プラチナのマットな結婚指輪
 
男性の指輪はプラチナをベースにお仕立てし
クラシックな印象にまとめました。
 
表面は女性とお揃いの”サテン荒”の加工を。
 
マットな中にも細かな地金の煌めきを感じられる
表面の質感を楽しむことのできるテクスチャーです。
 
また、指輪の幅は男性のお指に合わせて
3.0mmでお仕立ていたしました。
 
華奢すぎず、しっかりと指を包んでくれるような幅感です。
 
ピンクゴールドのマットな結婚指輪
 
女性の指輪は地肌に優しく馴染む
ピンクゴールドでお仕立ていたしました。
 
イエローゴールドとも悩まれていたお色味ですが
優しいお色味の素材を選ばれナチュラルな印象に。
 
男性の指輪ではクールな印象を見せた
”サテン荒”ですが
女性の指輪では煌めきと温かみの両方を
感じることができます。
素材を変えたことで同じデザインでも
異なる印象を楽しむことができましたね。
 
また、手が小さい女性に合わせて
指輪の幅は2.5mmと男性よりも細く、
それでいて細すぎない幅感にて
お仕立ていたしました。
 
素材違いのマットな結婚指輪
 
内側の刻印はお二人がとても悩まれた部分でした。
 
文字の内容はなかなか決められませんでしたが
お互いの誕生石を交換して入れたい
ということだけは決まっていましたね。
 
男性の誕生石であるルビーを女性の指輪に、
女性の誕生石であるエメラルドを男性の指輪に
それぞれお留めしております。
 
オリジナルメッセージの刻印をいれた結婚指輪
 
たくさん悩まれた刻印は一度お持ち帰りいただき
後日内容を送ってくださいました。
 
内側に留めた誕生石の反対側には
それぞれの指輪に”I CHOOSE YOU”
“NO ONE BUT YOU”
とお二人の考えられたメッセージを
手打ち刻印にてお入れしました。
 
誕生石と刻印を合わせて
お二人の強く結ばれた絆を感じられる
素敵なアレンジになりましたね。
 
結婚指輪を着けたお客様と鶴(mikoto)のロゴ
 
ご納品後には
“素敵な指輪を作成していただき
ありがとうございます。
目に入る度に見とれてしまします。”
と心あたたまるメッセージをいただきました!
 
お二人に指輪を気に入っていただけて
とてもうれしいです!
 
またいつでもメンテナンスがてら
アトリエに遊びにいらしてくださいね。
 
 
代官山アトリエ
プランナー:尾崎
 
 
145

一覧に戻る