https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #200 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #200

『同じフォルムでそれぞれのこだわりを感じられる結婚指輪』

 
色違いのこだわった結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-012a
素材:ホワイトゴールド(K18WG)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:半剣腕ストレート
テクスチャ:鏡面仕上げ梨地細
リング幅:男性3.0mm/女性2.5mm
刻印:手打ち刻印
宝石:ダイヤモンド

 
鶴(mikoto)の創立記念日と
おふたりの入籍予定日が同じであることに
運命を感じてご来店くださったお二人。
 
”結婚指輪として永く身につける指輪だからこそ、
耐久性も考えて指輪の幅も大切にしたい” と
選ばれたのは”18MA-012”のフォルム。
 
こちらは結婚指輪らしい真っ直ぐなフォルムに
斜めのラインが入ったシンプルなデザイン。
 
ホワイトゴールドの結婚指輪
 
男性は3.0mmの幅の指にしっかりと
馴染む幅感でお仕立てしました。
 
色味はホワイトゴールドで
普段の生活にも違和感なく溶け込んでくれるような
あたたかいお色味。
 
斜めのラインに沿って
マット加工”梨地細”を入れました。
 
鏡面仕上げの艶感とマットのコントラストが
はっきりとした仕上がりに。
 
気分によって指輪をくるりと回して
マットと鏡面仕上げの2面性を楽しむのも
良いですね。
 
ピンクゴールドの結婚指輪
 
女性は2.5mmの幅で
男性リングよりも華奢な印象に。
 
気になっていたとおっしゃっていた
ピンクゴールドのお色味は
女性のお肌にも合い、上品に仕上がりましたね。
 
トップに流れるように留めたダイヤモンドも、
結婚指輪らしい華やかさを演出してくれます。
 
結婚指輪に入れた手打ち刻印
 
内側にはお互いに指輪を送り合うような
気持ちのこもった刻印を。
 
職人が一文字一文字丁寧に打ち込んでいく
”手打ち刻印”で味わいを感じられる
あたたかい仕上がりになりましたね。
 
結婚指輪を着けたお客様と鶴(mikoto)のロゴ
 
ご納品の際には慣れない指輪に少し緊張しながらも、
嬉しそうに指輪を手に取ってくださり、身につけてくださったお二人。
 
お二人のお手元によく馴染む
優しい印象の指輪になりましたね!
 
斜めのラインを境にマットやダイヤ等、
お二人のこだわりを入れたことで、
長く楽しんでいただける飽きの来ないデザインに。
 
ご入籍日までに完成した結婚指輪を
お渡しすることができてよかったです!
 
メンテナンスや、気になること等ありましたら
お気軽にご相談くださいね!
 
またおふたりにお会いできる日を
楽しみにしております。
 
末永くお幸せに!
 
 
銀座アトリエ
プランナー:吉田
 
 
337

一覧に戻る