https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #384 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #384

『藤の花の彫りをお揃いで入れた形違いの結婚指輪』

藤の花の彫りをお揃いで入れた形違いの結婚指輪

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-023M / 18MA-018a (アレンジ)
素材:ホワイトゴールド(K18WG)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:V字
テクスチャ:彫り梨地細鏡面仕上げ
リング幅:左2.7〜4.3mm / 右2.7mm
刻印:手打ち刻印
宝石:ダイヤモンド

 

大切な節目の記念となる結婚指輪なので
“しっかりこだわってつくりたい”
という想いからご来店いただいたお二人。
 
たくさんのテクスチャーの中から
お二人が気に入ってくださったのは
藤の花をイメージして彫られた模様彫りでした。
 
この彫りは職人が手作業で入れているもので、
一つ一つの花びらは整った印象でありながらも
どこかあたたかみを感じることができます。
 
”決して離れない”という花言葉をもつ藤の花は
結婚指輪として最適なデザインですね。
形違いの結婚指輪
V字のフォルムが一番手にフィットした男性は
重厚感のある18MA-023のフォルムを選ばれました。
 
まるで着物の襟元が折り重なるように
カーブを描くデザインが魅力的なフォルム。
 
このデザインを活かし、トップから側面にかけて
流れるように彫りを入れたことで
正面から見た時に、藤の模様を
大胆に感じることができる仕様となりました。
 
側面から背面へと広がる面には
“梨地細”というマットを施したので
艶と光沢とのコントラストも楽しめますね。
藤の花の彫り模様を入れた結婚指輪
女性が選ばれたのは同じくV字ですが
均一な幅がくびれを強調する18MA-018
V字のフォルムがしっかりと手に馴染みました。
 
藤の模様は中心から背面へと広がり
ぐるっと一周するように彫り入れています。
 
男性側のリングは光沢部分に彫りを入れましたが
女性側のリングはマット地に彫り込んでいくことで
凹凸部分の輝きが和らぎ、優しい印象となりました。
 
ワンポイントで留めたダイヤモンドが
とてもいいアクセントになっていますね。
 
 
それぞれ異なるフォルムですが
同じV字と、お揃いの藤の模様彫り。
ペア感が生まれ、お二人ならではの
特別な結婚指輪となりました。
藤の花の彫り模様を入れた結婚指輪を着けたお客様の手
ご納品時にはお二人ともとても穏やかな笑顔で
完成したリングをじっくりと眺め、
“いい指輪ができて安心しました”
とおっしゃってくださいましたね。
 
また先日、アトリエまで
クリーニングにお越しいただきましたが
お二人が指輪を大切にしてくださっている
お気持ちがよく伝わりとても嬉しかったです。
 
 
藤の花が可憐に咲き誇る結婚指輪。
 
いつまでもお二人のお手元を華やかに
彩りますように。
 
 
鶴 銀座アトリエ
プランナー:今井
365

一覧に戻る