fbpx

Case Study #109 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #109

18MA-005aが気になって、と
アトリエを訪れてくださったお二人。

 

誕生石を留めた結婚指輪にしたいと
お二人でイメージをしてくださっていました!

 

誕生石をあしらった結婚指輪

 

色々なリングをご試着いただきましたが
お二人が選ばれたのは、
はじめに気になられていた、18MA-005a

 

甲丸リングのフォルムを
ツヤのある鏡面仕上げにし、
結婚指輪らしさにこだわりましたね!

 

ベースリングは元々は細身の2.0mm幅でしたが
お二人とも少しずつ幅を太くしてお仕立てしました。

 

サファイアをあしらった結婚指輪

 

男性のリングは
3.0mm幅にすることで存在感のある印象に。

 

プラチナの素材で仕立てることによって
結婚指輪らしい印象を大切にしました。

 

トップには、ご入籍月の誕生石であるサファイアを

コレクションよりも1周り大きいサイズでお留めし、
色石の存在感をプラス。

 

ルビーをあしらった結婚指輪

 

女性のリングは幅を2.5mmでお仕立て。

 

ホワイトゴールドの地金は
プラチナと比べると肌馴染みが良く、
女性らしい優しい印象になりました。

 

男性と同じ大きさでお留めしたルビーは
お二人の誕生月の石。

 

コロンと爪の無い留め方にすることで
結婚指輪らしいシンプルな印象も大切にしています。

 

結婚指輪の裏側に入れた刻印

 

リングの内側には
内甲丸という、角を少し削り取るような加工を施し
つけ心地を良くしています。

 

さらに手打ち刻印で
ご入籍日とお名前をお揃いで入れました。

 

誕生石をあしらった結婚指輪

 

お二人でしっかりとお好みを話し合いながら
それぞれのお気持ちも大切にして選ばれた結婚指輪。

 

今度お越しになる時は
ぜひご家族みなさまで遊びにいらしてくださいね!

 

またお会い出来る日を楽しみにしております。

 

 

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山
結婚指輪:18MA-005a(アレンジ)

140

一覧に戻る