fbpx

Case Study #123 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #123

息がぴったり、

お好みもぴったりなお二人!

 

ご試着を重ねていくと
人とは一緒にならないような
個性的なデザインがお好みだということがわかりました。

ギメルリングの結婚指輪

お二人が選ばれたのは
18MA-025のギメルリング。

2本のリングが絡み合うようにして

1本の指輪になる

まるで夫婦のようなデザインの指輪です。

プラチナとゴールドのギメルリング

男性の指輪は
プラチナとイエローゴールドでお仕立て。

 

幅を太めに制作することで
メリハリの効いた
男性らしい印象になりました。

 

“錆加工”というつや消しを
ゴールドのみにお仕立てし
アンティーク調の輝きに。

 

光沢のプラチナと合わせたことで

ゴールドの質感が引き立ちます。

プラチナとピンクゴールドの結婚指輪

女性のリングは
プラチナとピンクゴールドでお仕立て。

 

細めの幅に調整したことで
柔らかで優しい印象になりましたね。

 

トップにはダイヤモンドを3ピース
リングフォルムに沿うように
グラデーションで留めています。

 

表面加工は男性と同じ錆加工を。

ピンクゴールドの錆加工は

イエローゴールドの錆加工よりも

地肌に馴染む柔らかな印象になります。

ギメルリングに入れた刻印

リングの内側には
ご入籍日とイニシャルを
手打ち刻印で刻みました。

 

平甲丸の丸みのあるフォルムに変更し
さらに、内甲丸という
内側の角を丸める加工をすることで
つけ心地にもこだわりました!

ギメルリングを着けたお客様の手

いつも楽しく笑いが絶えないお二人。

 

お二人と過ごす時間は
楽しくあっという間だったため、
アトリエでリング選びをされていたのが
つい最近のことのようです!

 

またいつでも
遊びにいらしてくださいね!

 

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山
結婚指輪:18MA-025(アレンジ)

152

一覧に戻る