fbpx

誕生石をあしらった結婚指輪の魅力ついて|オーダーメイド実績の紹介 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

marriage knowledge
結婚情報記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

誕生石をあしらった結婚指輪の魅力ついて|オーダーメイド実績の紹介2021.03.24

誕生石をあしらった結婚指輪
結婚指輪といえば、石がないシンプルなデザインだったり、ダイヤモンドを留めたデザインが定番ですが、最近では誕生石をあしらった結婚指輪も好まれてきています。他の人と被りにくい、オリジナリティあふれる結婚指輪に仕上げることができるので、さらなる特別感を演出できます。
 
とはいえ、結婚指輪には様々なお店(ブランド)があるものの、誕生石を取り入れたデザインの結婚指輪がなかったり、デザインも限られていて好みのデザインが選べない方もいらっしゃると思います。
 
そこで今回は、オーダーメイドでつくる誕生石をあしらった結婚指輪についてご紹介したいと思います。ぜひ、結婚指輪選びの参考にしていただければと思います。
 

 

1,誕生石について

 
誕生石には1月から12月までの各月に宝石が当てはめられており、自分が生まれた月の宝石を身に着けると「幸せが訪れる」「願いが叶う」と言い伝えられています。
 
アメリカが誕生石を統一したことを受けて、他の国も次々と誕生石を制定していきました。日本の誕生石は1958年に全国宝石商組合が制定しています。
 
国によっては宝石の種類に違いがあったり、各月に複数の誕生石が制定されていたりとさまざまですが、同月に複数の誕生石がある場合には、自分が好きな宝石や用途にあったものを選ぶといいでしょう。
 
もちろん、私たち鶴(mikoto)でも誕生石を扱っております。私たちが用意している各月の誕生石は下記になります。
 

1月:ガーネット
2月:アメシスト
3月:アクアマリン
4月:ダイヤモンド
5月:エメラルド
6月:ムーンストーン
7月:ルビー
8月:ペリドット
9月:サファイア
10月:トルマリン
11月:トパーズ
12月:タンザナイト

 
結婚指輪に留める宝石として誕生石が魅力的な理由の1つには、鮮やかな指輪に仕上げられるという点があります。
 
誕生石にはレッドやブルー、グリーン、オレンジといった、華やかな色合いの宝石が選ばれているため、結婚指輪にあしらうことで、明るく色鮮やかなデザインに仕上げることができます。
 
結婚指輪の中心に誕生石を留めたり、結婚指輪の脇や内側(裏側)に留めるのもさりげない華やかさを演出できます。
 
注意点としては誕生石の多くはダイヤモンドより硬度が低いので、留め方によっては割れてしまったりしてしまうので、取り入れる際にはジュエリーショップでよく相談して決めることをおすすめします。
 
 

2,内石(裏石)として留める誕生石について

 
誕生石をあしらた結婚指輪のアレンジで取り入れやすいのが、内側(裏側)に誕生石留めるデザインです。
 
自分の結婚指輪には自分の誕生石を留める方が多いですが、パートナーとお互いの誕生石を交換して留める方もいらっしゃいます。さらに、ご入籍日や記念日の誕生石をお互いに入れる方もいますので、おふたりでどのような想いを込めて何の誕生石を留めるのかを相談して決めるのも楽しさの1つと言えます。
 
また、仕事柄華やかな指輪を身に着けることが難しい方でも、内側だとそのような心配を気にすることなく身に着けることができ、おふたりにしかわからない点も取り入れやすい魅力といえます。
 
結婚指輪の内側に留めた誕生石
おふたりで異なるデザインの結婚指輪を選んだ場合でも、内側に誕生石を留めることでペア感をだすことができます。よって、「お揃い感をだしたいけどそれぞれ好みのデザインで結婚指輪を選びたい」といった方にも、内側に誕生石を留めるのはお勧めです。
 
加えて、誕生石の中には硬度が高くないものもあり、表面に留めると傷がついたり割れてしまったりというリスクが少なからずありますが、内側に留めることにより、そのリスクを軽減することができるのもメリットの1つと言えます。
 
また、シンプルなデザインの結婚指輪を選んでも内側に誕生石を留めることで、おふたりらしい特別な結婚指輪にすることができ、密かなおしゃれを楽しむこともできます。誕生石と一緒に入籍日やイニシャル、メッセージなどの刻印と組み合わせると、より想いの詰まったオリジナリティある結婚指輪にすることもできます。
 
ゴールドの結婚指輪に留めた誕生石
結婚指輪の内石(裏石)についてはこちらの記事もご参考ください。
 
結婚指輪の裏側(内側)の石|さまざまな裏石(内石)の実績紹介
 
 

3,誕生石をあしらった結婚指輪の実績紹介

 
ここからは実際に鶴(mikoto)で今までおつくりした結婚指輪の中から誕生石をあしらった結婚指輪の実績をいくつかご紹介いたします。誕生石を取り入れたいと考えている方はぜひ参考にしていただければと思います。
 
サファイアとルビーの誕生石をあしらった結婚指輪
丸みのあるフォルムのプラチナの指輪のトップにサファイアとルビーを留めた結婚指輪です。
 
こちらのお客様は男性と女性は共に7月生まれの為、女性はルビーを、男性は入籍月の石のサファイアを選ばれました。
 
シンプルな指輪が色鮮やかな誕生石をあしらったことで一気に華やかで個性的な印象になりました。
 
こちらの結婚指輪の実績詳細はこちら
 
エメラルドとムーンストーンの誕生石をしらった結婚指輪
表面が平らなスマートなフォルムにエメラルドとムーンストーンをお留めしました。ふせ込みという留め方にすることで引っ掛かりがなく、日常でも使易いようにしてあります。
 
女性側の指輪はトップにデザインがあるものを選ばれたので、中心から少しずれた位置にお留めしています。ムーンストーンの優しい色合いがさりげないワンポイントとして結婚指輪を惹き立ててくれています。
 
こちらの結婚指輪の実績詳細はこちら
 
ルビーの誕生石をあしらったギメルリングの結婚指輪
こちらは2本のリングが絡み合い一つの指輪になったギメルリング。ふたりがひとつの家族になる夫婦をイメージしています。
 
女性側のリングには中心にルビーを1石、ダイヤモンドをその脇に2石お留めしています。地金のピンクゴールドの色合いと調和して、華やかで可愛い印象のデザインになりました。
 
こちらの結婚指輪の実績詳細はこちら
 
グリーンガーネットの誕生石をあしらった結婚指輪
こちらはグリーンガーネットとダイヤを交互にあしらったハーフエタニティの結婚指輪です。グリーンの色味とゴールドの色味が対照的で彩鮮やかなリングです。
 
私たちの結婚指輪のオーダーメイドでは、このようにお好みの宝石でハーフエタニティリングをおつくりすることもできます。
 
こちらの結婚指輪の詳細はこちら
 
この他にも誕生石をあしらった結婚指輪を多数おつくりさせていただいた実績がありますので、他にも実績を参考にしたい方はこちらもぜひご覧いただければと思います。
 
誕生石をあしらった結婚指輪の実績一覧
 
 

4,オーダーメイドでつくる誕生石をあしらった結婚指輪の魅力

 
ここまで誕生石をあしらった結婚指輪の魅力や様々な誕生石を取り入れた結婚指輪のオーダーメイド実績をご紹介してきましたが、この他にも多数のおふたりらしさが詰まった結婚指輪をおつくりさせていただいています。
 
私たち鶴(mikoto)のオーダーメイドでは、デザインの参考にしていただくサンプルリングを100種類以上揃え誕生石以外にも、フォルム・素材・デザイン・テクスチャーなどお二人の好みにあわせて様々なアレンジでおつくりすることができます。
 
もちろん、ゼロから一緒にデザインをつくりあげるフルオーダーもおつくりしています。
 
おふたりの人生において最大のイベントともいえる結婚。そんな結婚に選ぶ結婚指輪は特別なものです。ぜひおふたりの個性を取り入れた、おふたりらしい結婚指輪を選んで欲しいと想っています。
 
そんな大切な結婚指輪選び(つくり)のお手伝いを私たちにさせて頂けると嬉しいです。
 
 

一覧に戻る