fbpx

婚約指輪(エンゲージリング)の基礎知識 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

marriage knowledge
結婚情報記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

婚約指輪(エンゲージリング)の基礎知識

ピンクゴールドの婚約指輪

婚約指輪(エンゲージリング)という言葉は広く知られているものの、意外と詳細を知らない人も少なくありません。ここでは、婚約指輪の基礎知識としてデザインやダイヤモンドのこと、なぜ薬指にはめるのか、などについてご紹介したいと思います。

1,婚約指輪(エンゲージリング)の人気デザイン・ダイヤモンド

婚約指輪(エンゲージリング)の人気デザインといえば、なんといってもソリティアリングです。フランス語の【ソリテール(単独)】という言葉から由来しており、ソリテールとも呼ばれ、シンプルかつ洗練されたデザインとして人気です。

 

真ん中に1粒のダイヤモンドあしらったソリティアリングは、ダイヤモンドの美しさが最も惹き立てられる代表的なデザインです。

シンプルだからこそ、そのシルエットや細部へのこだわりがブランドによって違ってくるのも魅力の1つです。

 

ダイヤモンドを留める石座の高さでもその印象は大きく変わります。ダイヤモンドをグッと持ち上げるような高さのあるデザインは、ダイヤモンドの存在感をより惹き立たせてくれます。また、結婚指輪と重ね付けをする際にも指輪同士がぶつからず、フィット感のあるバランス良い重ね付けができます。

 

一方、高さが低いデザインは、指馴染みの良さや引っ掛かりが少ないことから、カジュアルな装いが多い方や普段使いしたい方に好まれる傾向があります。

 

また、ダイヤモンドを留める爪の本数でも印象は変わってきます。一般的には、6本爪のデザインが多く、ダイヤモンドが一番輝きを放つラウンドブリリアントカットの丸い形に添って留められています。まさに、ソリティアリング王道のデザインです。

 

一方で最近人気が出てきているのが4本爪です。4本爪にすることによりダイヤモンドの露出が増え、ダイヤモンドの存在感を一層感じられると共に、上部から見るとダイヤモンドが四角く見えることによりカジュアルさを演出できます。

 

ソリティアリングというシンプルなデザインの中にも、様々な異なるデザインがあり、それぞれ印象も変わってきます。

2,婚約指輪(エンゲージリング)を薬指にはめる理由

婚約指輪(エンゲージリング)といえば、「左手の薬指」に着けることが一般的です。

所説あるものの、左手の薬指に指輪をはめることは、「愛情を深める」「絆を深める」といったことを意味します。

 

また、古代エジプトでは、左手の薬指には心臓につながる血管があると信じられていました。当時、心臓の中心には「愛」があるといわれており、左手の薬指は重要な部分だったので左手の薬指につけるという説もあります。

 

いずれにせよ、婚約指輪(結婚指輪も含む)を左手の薬指にはめることは、離れていてもお互いを感じられたり、お互いの愛を確かめ合えたりするなど、お互いの絆を深めることにつながるという理由から定着した文化になります。

3,婚約指輪(エンゲージリング)をオーダーメイドでつくる魅力

婚約指輪を選ぶにあたり、人生で初めてジュエリーのお店へ行く方や、初めてジュエリーを購入されるといった方がほとんどだと思います。よって、不明点や不安を抱えながら選ばれることが多いでしょう。

 

私たちは、そんな不明点や不安に寄り添いながら、想いの詰まった婚約指輪つくりのお手伝いをさせていただいております。

 

私たちのオーダーメイドでは、婚約指輪のサンプルリングをご用意しておりますので、それをベースにしながらご希望のデザインに落とし込んでいきます。もちろん、ゼロからつくりあげるフルオーダーメイドも可能です。

 

婚約指輪の素材も、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの4種類からお選びいただけます。

 

ダイヤモンドに関しても、さまざまなグレードのものを揃えておりますので、ご希望のグレードやご予算に合わせてお選びいただくことが可能です。もちろん、デザインバランスを加味しながら最適なダイヤモンドのご提案もさせて頂いております。

 

刻印や誕生石もお好みに合わせてお入れすることができます。また、婚約指輪の代わりにエタニティ―リングを贈る方も増えています。

 

*エタニティ―リングの詳細記事はこちらをご参考ください

婚約指輪としても人気の「ハーフエタニティーリング」について

4,想いの詰まった最高の婚約指輪(エンゲージリング)を

人生最大のイベントといってもいい結婚における婚約指輪選びは、パートナーへの想いを表す機会でもあります。その婚約指輪をオーダーメイドでつくることは、その想いをカタチにして表現するのにピッタリだと私たちは考えています。

 

1人ひとりが持っている感性や価値観、パートナーへの想いは10人いれば10通り、100人いれば100通りあります。そんな一人ひとりの想いをカタチにし、その人らしい表現ができるよう、感性や想いにしっかり寄り添いながら表現のお手伝いをしたいと考えています。

 

パートナーへ贈る最高の結婚指輪(エンゲージリング)つくりをぜひ私たちにお手伝いさせてください。

一覧に戻る