https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #320 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #320

『大きな鎚目を打ち込んだ、質感違いの結婚指輪』

大きな鎚目を打ち込んだ、質感違いの結婚指輪

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18TE-01118TE-010
素材:ホワイトゴールド(K18WG)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:ストレート平打ち
テクスチャ:錆(さび)鎚目ならし粗面鎚目
リング幅:左3.0m・右2.0mm
刻印:レーザー刻印No.3
宝石:ムーンストーン

 
長野県にお住まいのお二人に、
“おうちでオーダーメイド”という
オンラインでのビデオ通話を用いた
お打ち合わせを通して
結婚指輪の制作をお任せいただきました!
 
“おうちでオーダーメイド”では、
ご希望のデザインと近しいサンプルリングや、
様々なテクスチャーを施した
“テクスチャーチップ”を同梱した
試着用のセットをご自宅にお届けしております。
 
実際にお手にとっていただきながら
お打ち合わせが出来るようにしていますので
画像で見るだけでなく、触れることができてよかったとご好評いただいております。
 
凹凸のあるようなものも
気になるというお二人は、
テクスチャーチップを手に取りながら、
たくさんの種類の凹凸を見比べることに。
 
色違いの鎚目の結婚指輪
 
お二人が選ばれたのは
“鎚目ならし”という鎚目の結婚指輪。
 
表面が平らな金槌で
大胆に大きく打ちんだ凹凸は
平打ちのすっきりとしたフォルムと相性が良く
クラフト感がありながらも
洗練された印象になるテクスチャーです。
 
様々な大きさの鎚目がある中でも
鎚目ならしは、鶴の中で一番大きな
鎚目のデザイン。
 
丸みのある甲丸リングとも迷われましたが、
お二人とも仲良く、
すっきりした平打ちのリングに
同じ打ち方にすることに。
 
ホワイトゴールドの鎚目の結婚指輪
 
男性のリングは、
錆鎚目ならしで制作。
 
錆鎚目ならしは、
あえて錆させておいた金槌で打ち込むことで
金槌の表面の凹凸がそのまま転写され
アンティークな印象になるテクスチャーです。
 
表面を叩くと出る、側面の揺らぎも
あえて残すことで
よりクラフト感を楽しめる
鎚目ならではの味わいを残しました。
 
また、側面のみ光沢の仕上げで磨き上げ、
表面とのコントラストを出し
メリハリの効いたデザインに。
 
幅は、鎚目を存分に表現できる
3.0mm幅でお仕立て。
 
地金はホワイトゴールドで制作し
肌馴染みのよく
シックで落ち着いた印象になりましたね。
 
ピンクゴールドの鎚目の結婚指輪
 
女性のリングは、
鎚目ならし粗面で制作。
 
錆鎚目と比べると
金槌表面の凹凸が
より細かく、そして浅く施されているため
マット感が強く柔らかい印象になります。
 
また、側面はフラットに整えることで
結婚指輪らしい整った印象も大切に。
 
側面も表面と近しいマット加工を施すことで
より肌馴染みのよく
肌に溶け込むような質感になりました。
 
幅は、2.0mmでお仕立てし
華奢で繊細な印象に。
 
ピンクゴールドの地金で制作し
女性のお肌と相性のいい
優しい印象の結婚指輪になりましたね!
 
鎚目加工を施した結婚指輪の側面
 
ご納品後には、
“指輪が無事に届きました!
とっても素敵で2人とも大満足です!” と
とても嬉しいメッセージをいただきました!
 
実際にお会いすることはまだ叶っておりませんが、
いつか、お二人が都内の方に遊びにいらっしゃる際には
ぜひアトリエに遊びにいらしてくださいね。
 
お二人の末永い幸せを
心よりお祈りしております!
 
 
代官山アトリエ
プランナー:北島
 
 
223

一覧に戻る