https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #340 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #340

『鎚目とミルグレインのコントラストが美しいコンビリング』

 
鎚目とミルグレインのコントラストが美しいコンビリング

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-001
素材:プラチナ(Pt900)イエローゴールド(K18)
フォルム:平打ちストレート
テクスチャ:鎚目ミルグレイン(ミル打ち)
リング幅:3.0mm
刻印:レーザー刻印No.8

 
 
山梨にお住まいのお二人が、
鶴の結婚指輪にご興味を持ってくださいました。
 
気になるリングがあるものの
なかなか東京の方に行けなくてと
ご相談いただいたため、
オンラインのビデオ通話を用いて
お打ち合わせができる
おうちでオーダーメイド”をご紹介し
お二人とお打ち合わせをすることに。
 
“おうちでオーダーメイド”は
ご希望に合わせてお好みのリングや
地金・テクスチャーのサンプルをご自宅に郵送し、
実際にリングを身につけていただきながら
プランナーとお打ち合わせが出来るものです。
 
ご遠方にお住まいの方であったり、
お子様がいらっしゃったり、
感染予防の1つの方法として
“おうちでオーダーメイド”という方法を
お選びいただいております。
 
鎚目とミルグレインの結婚指輪
 
お二人が事前に見てくださっていたのは、
Case Study#77の鎚目の結婚指輪。
 
鎚目とは金槌で一面ずつ叩くことで施す
凹凸が特徴的なテクスチャーです。
 
鎚目は、手作り感のあたたかみを感じられることから
クラフト感が強いデザインですが、
リングの淵に”ミルグレイン”という
丸い粒の装飾を施すことにより
輪郭が整い、凛とした印象にアレンジされます。
 
初めはイエローゴールドを
ご希望されていたお二人でしたが、
2色の地金を使ったコンビリングで制作することに。
 
鎚目とミルグレインのコンビリング
 
鎚目部分はプラチナの地金で制作し、
結婚指輪らしい凛とした光沢感を
楽しめるデザインに。
 
また、ミルグレインの部分は
イエローゴールドで制作。
 
リングの縁をゴールドにすると
肌馴染みが良く
少し細身に見える効果があります。
 
リング自体のフォルムを
平打ちという四角くフラットな形で
制作していますが、
ミルグレインを打ち込むことによって
ゴールドの縁の部分はシャープさを
落ち着かせるようなアンティークな印象に。
 
日付と名前を刻印したコンビリング
 
リングの内側にはレーザー刻印で
大切なお日付と、お二人のお名前を打刻。
 
レーザー刻印は
機械でレーザーを当てることによって
打ち入れるため、
筆記体のような柔らかい動きのある文字を
リングの印象を崩さずに
上品にお入れすることが可能です。
 
それぞれに想いを送り合われるような
“to”をお名前の間に入れた
素敵な意味合いが込められています。
 
木箱と鎚目とミルグレインのコンビリング
 
息がぴったりで、明るい笑顔が素敵な
とっても仲良しなお二人。
 
実際にお会いすることは叶いませんでしたが、
いつか、アトリエでお会いできる日を
心待ちにしております。
 
お二人で、末永くお幸せに!
 
 
鶴 代官山アトリエ
プランナー:北島
 
 
229

一覧に戻る