https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #359 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #359

『不規則な凹凸が印象的な多面体の結婚指輪』

不規則な凹凸が印象的な多面体の結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-008
素材:イエローゴールド(K18)ホワイトゴールド(K18WG)
フォルム:多面体ストレート
テクスチャ:梨地細サテン細
リング幅:左3.0mm/右2.5mm
刻印:レーザー刻印No.1
宝石:ガーネット

 
長野県にお住まいのお二人と、
“おうちでオーダーメイド”という
オンラインを通じてお打ち合わせを
させていただきました。
 
おうちでオーダーメイド”は、
ご希望性で、イメージに近しいサンプルリングと、
地金やテクスチャーチップ・サイズゲージ等を
ご自宅宛にお送りし、
実際にご試着いただきながら
お打ち合わせをする方法です。
 
お二人のご希望は
表面のぽこぽことした凹凸が特徴的な、
多面体の結婚指輪でした。
 
色違いの不規則な凹凸の結婚指輪鶴
 
多面体は、
もともと平打ちという四角い形のリングから、
一面ずつヤスリで面を削り込み
凹凸を作り出しているデザインです。
 
一つずつランダムに、
手作りで制作している多面体は
それぞれ凹凸の形が異なるため、
オーダーメイドならではの特別感と
オリジナル感が魅力的な結婚指輪。
 
お二人は、お揃いの多面体で制作し、
それぞれのお好みにあわせた
地金と表面加工を選ばれました。
 
イエローゴールドの不規則な凹凸の結婚指輪 class=
 
男性のリングは、
肌の色と相性のいい
イエローゴールドで制作。
 
表面加工は、
マット加工の中でもより均一に
深くマットが施された、
落ち着いた印象の梨地細で制作。
 
梨地細とは、
ガーネットの粒を水と一緒に
流し当てることで生まれる
マット加工です。
 
果物の梨のように
細かく均一に入った粒が織りなす繊細な風合いは
リングを落ち着いた印象に魅せてくれます。
 
リング幅は3.0mmにし
長く身につけたことを考えても
飽きが来づらいボリューム感で制作しました。
 
ホワイトゴールドの不規則な凹凸の結婚指輪
 
女性のリングは、
深みのある色味が特徴的なホワイトゴールドで制作。
 
もともとはプラチナをご希望でしたが、
金属アレルギーの関係で、
プラチナと一番お色味が近しい
ホワイトゴールドで制作することに。
 
金属アレルギーは、
反応する金属の種類によって
身につけられるものをプランナーがご提案いたしますので
ご不安な方はぜひお気軽にご相談くださいね。
 
 
リングの表面には、
サテン細という
細いラインを格子状に施したマット加工を施し
絹のような繊細な風合いで制作。
 
リング幅は2.5mmという
女性の平均と言われている幅の太さを選ばれ
多面のランダム感もしっかりと楽しめるような
幅でお仕立てしました。
 
日付とイニシャルを刻印した不規則な凹凸の結婚指輪
 
リングの内側には
ご入籍日とあわせて
お二人のイニシャルを
レーザー刻印で打ち入れました。
 
ご入籍月の誕生石となる
ガーネット をお揃いで留めたのも
隠れたお二人の大切なポイントです!
 
シルバーの素材で本番同様のサイズ・仕様で作る
“試作リング”をご試着されて、
色味やフォルムを1つずつしっかりと確認しながら
本番のリングを制作されたお二人。
 
じっくりと作ったこだわりの結婚指輪の
着け心地はいかがでしょうか。
 
東京方面にお越しの際には
ぜひアトリエに遊びにいらしてくださいね。
 
いつか直接お会いできる日を
楽しみにしております!
 
 
鶴 代官山アトリエ
プランナー:北島
 
 
232

一覧に戻る