https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #298 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #298

『金槌で施した表面加工のコントラストが美しい結婚指輪』

金槌で施した表面加工のコントラストが美しい結婚指輪

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-012
素材:プラチナ(Pt900)
フォルム:ストレート半剣腕
テクスチャ:鎚目大粗面鏡面仕上げ
リング幅:左3.0mm・右2.5mm
刻印:手打ち刻印

 
 
鎚目が打ち込まれたリングを
とても気に入ってくださっていたお二人。
 
鎚目とは、職人が金槌で叩くことで、
1面ずつランダムに凹凸を施す技法です。
 
叩く強さによって
小さい鎚目から大きい鎚目になり、
金槌の面の仕上げによって
艶感が違うものになったりと、
様々な鎚目の打ち方をご用意しています。
 
鎚目だけではなく、
身につけた時に手が綺麗に見えるような
すっきりとした印象のデザインも
気に入ってくださいっていましたね。
 
コントラストが美しいプラチナの結婚指輪
 
お二人が選ばれたのは
斜めのラインが特徴的な、半剣腕の結婚指輪。
 
長く穏やかに成形されたラインに合わせて
表と裏で、2つの質感を楽しめる半剣腕は
オーダーメイドならではの
特別感を大切にすることができるデザインです。
 
お好みに合わせて選ぶことができる
テクスチャーの組み合わせは
選べないほどにたくさんの組み合わせがあります。
 
お二人がそれぞれ異なるテクスチャーを選ばれたとしても
フォルムは同じ半剣腕にすることで
お揃い感もしっかりと叶えることができる、
魅力的な結婚指輪です。
 
マットと光沢のコントラストが美しい結婚指輪
 
男性のリングは
幅3.0mmにすることで
ボリューム感もありつつ
手になじみやすい幅で制作。
 
“錆”加工という、あえて錆させておいた金槌を
何度も押し当てるようにつけるテクスチャーを片側に施しました。
 
掌側は、お二人とも
艶のある鏡面仕上げにすることで
お揃い感をより強め、
プラチナの結婚指輪らしい輝きも
楽しめるデザインになりましたね!
 
切り替えたフォルムにコントラストが映える結婚指輪
 
女性のリングは、
コレクションよりも少し幅の細い
2.5mmで制作。
 
片側には、金槌で強く凹凸を打ち込む
“鎚目大粗面”のテクスチャーを施しました。
 
金槌の表面を荒らしておくことで
その質感がそのまま転写されて
マットな質感になる粗面という鎚目加工は、
大胆に打ち込まれた凹凸が
優しく手に馴染むような印象を与えます。
 
“職人さんが、
1つずつ手作りで作ってくれている感じがたまらない!”と
楽しそうに話してくださった女性。
 
鎚目に実は憧れがあってと話してくださった時の、
目を輝かせてリングを選ばれていたお姿が
鮮明に思い出されます!
 
和風の木箱にいれた結婚指輪
 
ご納品時には、”かわいい!とっても素敵!”と
何度もおっしゃっられていたお二人。
 
もうすぐご家族が増えるとお伺いした際には、
とても感慨深い気持ちに、
そして、本当に幸せな気持ちでいっぱいになりました!
 
これからも、
優しく穏やかで笑顔いっぱいなお二人らしい
素敵なご家庭を築いていかれてくださいね。
 
末永く、お幸せに。
 
 
代官山アトリエ
プランナー:北島
 
 
212

一覧に戻る