https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #160 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #160

『ダイヤモンドをしらったギメルリングの結婚指輪』

ダイヤモンドをしらったギメルリングの結婚指輪
 

【アレンジ詳細】
結婚指輪:18MA-025
素材:プラチナ(Pt900)ピンクゴールド(K18PG)
フォルム:ギメルリング
テクスチャ:鏡面仕上げサテン細
リング幅:男性3.0mm / 女性3.0mm
宝石:ダイヤモンド
刻印:レーザー刻印no2

 
少し緊張された様子でご来店されたお二人。
お話をしていく内に徐々にそれぞれのお好みがわかってきましたね。
 
そんなお二人が最初に手に取ったのがこのギメルリングでした。
プラチナとピンクゴールドのギメルリング
同じ形のリングが2本組み合わさって1本のリングになるギメルリング。
 
2色の素材を使ってコンビのリングとして、
異なる加工を施して動きのある表情に、などと
アレンジの幅が豊富なリングです。
 
結婚指輪のイメージといえば
“プラチナの丸みのあるストレートのリング”
というシンプルなイメージがお二人の中にあったので
 
ギメルリングは好きなデザインではあるものの
そのイメージとかけ離れていて
「どうかな?」と悩んでいらっしゃいましたね。
 
しかし、せっかくオーダーメイドで作るので
シンプルすぎるよりもお二人らしいものを、とギメルリングを選ばれました。
鏡面とつや消しのギメルリング
シンプルさを大切にしていた男性のリングは
つやつやになるまで何度も磨きあげた光沢の質感に。
コンビネーションのギメルリングの結婚指輪
女性のリングは柔らかい雰囲気を大切に
サテン地のように滑らかな質感のマットを片側にかけ
トップにダイヤモンドを3pcお留めしました。
 
プラチナ一色で仕上げたギメルリングは
結婚指輪のイメージとかけ離れることなく重厚感がある印象になり、
 
プラチナとピンクゴールドの2色で仕上げたギメルリングは
より動きが強調される華やかなものとなりましたね。
 
刻印をいれたギメルリング
つけ心地を気にされていたので
お二人とも3.0mm幅の少し細身にし、
内甲丸という指通りをよくする加工をお入れしました。
 
内側には手書きで描いたような
柔らかな字体が特徴的なレーザーの刻印で
イニシャルを刻みました。
 
ご入籍日はまだ未定だったのですが
刻印内容を考えている最中に決めてしまうという
決断が早いお二人でしたね。
 
 
ご納品時はお会いすることができませんでしたが
「大切にしていきます!」とご連絡をくださり
とても嬉しかったです。
 
その後つけ心地はいかがでしょうか?
メンテナンスやクリーニングなどお気軽にご連絡くださいね。
 
お二人が指輪を身につけたお姿をいつか拝見できますのを
心待ちにしております。
 
 
鶴(mikoto)代官山アトリエ
プランナー:今井
200

一覧に戻る