fbpx

Case Study #147 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #147

『ダイヤモンドとピンクトルマリンをあしらった婚約ネックレス』

ダイヤモンドとピンクトルマリンを留めた婚約ネックレス

【アレンジ詳細】
婚約ネックレス:19NE-005

素材:プラチナ(Pt900)
テクスチャ:鏡面仕上げ
宝石:ダイヤモンドピンクトルマリン

 

お一人で代官山アトリエを訪れてくださった男性は
婚約ネックレスでのプロポーズをお考えでした。

 

お仕事で海外に行かれている女性に向けて
こっそりとご来店いただき
私もわくわくした気持ちになった事を覚えています。

 

女性に贈られる婚約ネックレスやダイヤモンド。

 

どんなデザインが喜んでもらえるのか、
どんな風に渡そうかなど、
男性はプロポーズを前にして
考えることがいっぱいですよね。

 

鶴(mikoto)では、
女性のプランナーがお話をお伺いしながら
お客様のご希望にあわせてデザインのご提案もさせていただいております。

 

デザインが決まられてなくても、
もちろん大丈夫ですので
迷われている事を、ぜひなんでもご相談くださいね。

 

こちらのお客様がお選びになったのは、
19NE-005の婚約ネックレス。

 

メインの大きなダイヤモンドと一緒に
色石が施されているこちらのネックレスは、
お好みの石の色にあわせて制作できるため
贈られる方の特別な思いを込められるデザインです。

 

女性の誕生石を留めたいとご希望をいただき
10月のピンクトルマリンという
淡いピンク色の色石を1石施しています。

 

ピンクの誕生石を留める事で
可愛らしい印象とも感じられますが、
永く身につけられる事を考えて
地金をプラチナで制作する事で、
上品な印象もプラスしています。

 

ピンクトルマリンの色味が
はっきりとワンポイントとして輝く
オリジナルのネックレスになりましたね。

 

プラチナの婚約ネックレス

 

ネックレスのチェーンは
ボールチェーンでお仕立て。

 

名前の通り、
小さなボールが連なっているような形が
特徴的なチェーンなのですが、
1つ1つのボールがカットされていることによって
首元がキラキラと明るい印象になります。

 

また、45cmのチェーンは、
アジャスターが施されている事で
お好みの長さに調節ができるようになっています。

 

お洋服やシーンにあわせて
使い分けられるようにと、
身につけられる女性のことをおもわれたのも
特別なポイントです。

 

ダイヤモンドの婚約ネックレス

 

女性にお会いすることは叶っておりませんが、
ぜひ、いつかお会いできる日を楽しみにしておりますね。

 

お二人の、末永い幸せを
心よりお祈りしております!

 
 

鶴(mikoto)代官山アトリエ
プランナー:北島
 
 

155

一覧に戻る