https://mikoto-jewelry.com/

Case Study #377 | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

ロゴ
来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #377

『リメイクでお仕立てした、大粒のミルグレインが魅力的な婚約指輪』

リメイクでお仕立てした、大粒のミルグレインが魅力的な婚約指輪

【アレンジ詳細】
婚約指輪:19EN-012
素材:イエローゴールド(K18)
フォルム:ストレート
テクスチャ:ミルグレイン(ミル打ち)鏡面仕上げ
リング幅:1.9mm
刻印:手打ち刻印
宝石:ダイヤモンド

 
婚約指輪のリメイクをお考えのお二人。
 
ものづくりの姿勢が素敵で気になったからと
アトリエを訪れてくださいました。
 
鶴では、大切な指輪からダイヤモンドを外して
新しい指輪に生まれ変わらせる様な
リメイクも承っております。
 
ダイヤモンドの大きさや状態によっても
承れるかどうかが異なりますが、
大切な思い出が詰まったダイヤモンドや、
受け継がれたダイヤモンドなどを、
お好みのデザインに合わせて
リメイクすることが可能です。
 
プランナーがダイヤモンドの状態を
拝見しながらご案内いたしますので
ぜひお気軽にご相談されてみてくださいね。
 
こちらのお二人は、
お二人自身の婚約指輪を
新しくリメイクするために
ご相談にいらしてくださいました。
 
そんなお二人が選ばれたのは
19EN-012をベースにした婚約指輪です。
 
リメイクした婚約指輪
 
19NE-012は、
丸みのある中心のフォルムと、
それを挟む平たくフラットなフォルムの
メリハリが美しい婚約指輪。
 
丸みのある中心フォルムには
大きな粒のミルグレインを大胆に打ち込むことで
パッと目を惹きつけるような
個性的なデザインが魅力的です。
 
ミルグレインとは
タガネという工具を用いて形取られた
丸い粒の装飾のことをいいます。
 
職人が1粒1粒丁寧に
手作りでミルグレインを施すため、
粒の丸みがふっくらとしている仕上がりは
日本製の手仕事ならではの
美しさを感じていただけるポイントです。
 
リメイク前とリメイク後の婚約指輪
 
1代目の婚約指輪はV字のフォルムだったため、
ストレートのフォルムをご希望だった女性。
 
リングフォルムはお好みに合わせて
ストレートの形にアレンジして
お二人らしさを演出しています。
 
コレクションの様なV字の形は
大胆な湾曲が手元に華やかさと
シャープさを与える印象になるフォルム。
 
ストレートでアレンジし
さらに、地金をイエローゴールドで
制作することにより、
ファッションリングなどにも着け合わせがよく
普段使いもしやすい様なデザインになりました。
 
“いつも重ね付けをするというよりかは
色々な組み合わせで楽しんでつけたい”
というご希望にぴったりなリングになりましたね!
 
ミルグレインをあしらった婚約指輪
 
指輪のデザインを考えられる際には
表面からの見え方を
大切にされるお客様が
とても多くいらっしゃいますが、
生活の中で身に付けてみると
色々な角度からの見え方も大切なポイントです。
 
横から見たときにも美しく見える様に
石座にはこだわりの透かしが施されています。
 
石座にも個性が詰まったリングは
お仕事でパソコンを操作している時や、
何かを掴んだ時など、
ふと手元を見たときにもテンションが上がる様な
魅力たっぷりなデザインです。
 
イニシャルを刻印したリメイクの婚約指輪
 
3月が記念日だというお二人。
 
リメイク前の婚約指輪は
“3”にゆかりのあるデザインにしたいと思い
3本の爪の婚約指輪を選んだんですと
男性がお話ししてくださいました。
 
リングの内側に打ち入れられていた、
“3”とお二人のイニシャルを、
新しい婚約指輪にも施し
想いを引き継ぐ様に形にしたのも
お二人の大切なこだわりです。
 
ご納品の際には、産まれたての赤ちゃんと一緒に
ご家族揃って仲良くアトリエにお越しくださいました!
 
新しくリメイクしたこだわりの婚約指輪。
 
ぜひ、これからたくさん身に付けて
いかれてくださいね。
 
またアトリエでお会いできる日を
楽しみにしております!
 
 
鶴 横浜元町アトリエ
プランナー:北島
 
 
551

一覧に戻る