fbpx

Case Study #84 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #84

ゆらゆらとしたフォルムが気になってと、

雲形のリングをご希望のお二人。

 

 

雲形のリングは一見シンプルなフォルムですが、

厚みや幅の太さを均一にせず、

揺らぎのある輪郭にすることによって

手仕事感や特別感を感じられるデザインです。

 

イエローゴールドの結婚指輪

 

表面のマット加工は、

いろいろな種類を見比べましたが、

マットすぎる質感よりかは

少し光沢感があるようなセミマットの質感がお好み。

 

よく見ると細いラインがランダムに施された、

サテン荒の仕上げにすることで、

よりクラフト感が強まり個性的な印象になりましたね。

 

イエローゴールドの結婚指輪

 

男性のリングは、落ち着いた印象のプラチナから

イエローゴールドにアレンジすることによって、

より女性リングとのお揃い感がでました!

 

マットの質感にすることで、

華やかすぎず、男性も身につけやすいデザインに。

 

ダイヤモンドのついた結婚指輪

 

女性のリングは長く身につける事を考えて、

リング幅を少しプラス。

 

ダイヤモンドは、

小さめな物が 1つ留まっているバランスがかわいいと、

幅の太さとダイヤモンドの大きさの

バランスにもこだわりました。

 

オーダーメイドの結婚指輪

 

1つずつじっくりと決めていく中で、

お二人のお好みがぴったりだったのが印象的でした。

 

穏やかで優しく、とっても仲良しのお二人。

フォルム、幅、色味、

全てが一緒のデザインになりましたね!

 

またアトリエでお会いできる日を楽しみにしています!

 

オーダーメイドジュエリーブランド

鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山

結婚指輪:18MA-013(アレンジ)

20CS-090

一覧に戻る