fbpx

Case Study #102 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #102

”代官山に来ていて近くのお店を探してきました”

と初めてお越しいただいたお二人。

デザイン違いの結婚指輪

初めてのご来店ではどんなデザインがあるのか

鶴(mikoto)ではどんなことができるのか

などをお話しさせていただきましたね。

 

後日、鶴(mikoto)のInstagramを見ながら

どんなデザインにするか悩んでいました

と再度ご来店いただきオーダーをいただきました!

プラチナとピンクゴールドのコンビの結婚指輪

男性の指輪は18MA-022をプラチナとピンクゴールドの

2色を使用して制作しました。

 

下に湾曲するU字のフォルムと

丸みのある甲丸のフォルムが合わさった

着け心地もいいデザインです。

 

最初のご来店ではマット加工に

興味を示されていましたが

2回目のご来店では好みが変化し

全面鏡面仕上げですっきりとお仕立てしました。

鎚目の結婚指輪

女性の指輪はホワイトゴールドをベースに

光沢の鎚目を打ち付けたデザインです。

 

指輪の太さは婚約指輪との重ねづけを考え

細身の2mm幅でお仕立ていたしました。

 

光沢の鎚目は光を受けてキラキラと輝く

シンプルながらも華やかな印象です。

 

ホワイトゴールドで制作することで

輝きが鋭くなりすぎず、柔らかな印象になりましたね。

結婚指輪の内側に入れた刻印

内側には日本語のフォントとお二人のお持ち込みのマークにて

刻印をお入れいたしました。

 

日本語のフォントもしっかりと見比べて

こだわって選んでいただいたのを

とてもよく覚えています。

 

指輪のデザイン自体は異なりますが

内側にこだわりの刻印を入れ

結婚指輪としての絆もしっかりと刻みました。

 

ご納品の際には指輪をじっくりと見ながら

”すごい、、、”と噛み締めるように

見ていただいていたのが印象的でした。

 

シンプルながらもこだわりの詰まった

お二人の結婚指輪の制作に

携わることができとても嬉しかったです!

 

またいつでもメンテナンスにいらしてくださいね。

 

 

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山

結婚指輪:Male/18MA-022

Female/18TE-009(アレンジ)

 

102

 

一覧に戻る