fbpx

Case Study #75 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

ordermade case
オーダーメイド実績

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

Case Study #75

オーダーメイドの結婚指輪

Instagramを見てお越しいただいたお二人。

 

男性はマットの方がイメージに合うかも、

とお話ししてくださいましたが

女性は光沢も気になっている、と

お好みが少し異なるようでした。

 

そんなお二人が選ばれたマットと光沢を

二つとも取り入れたオーダーメイドならではの

結婚指輪のご紹介です。

 

お二人ともベースは18MA-015

S字にカーブしたデザインです。

ホワイトゴールドの結婚指輪

男性の指輪はお気に入りの

ホワイトゴールドで制作しました。

 

また、元々マット加工がお気に入りだったこともあり

ご自分から見える部分は全て梨地細の

マット加工にしています。

 

身に着けた時に上側にくる側面部分を

あえて鏡面仕上げにすることで、

女性とのお揃い感やデザインのメリハリを

バランスよく取り入れました。

イエローゴールドの結婚指輪

女性の指輪はお手持ちのアクセサリーとも

相性のいいイエローゴールドで制作。

 

女性は元々光沢のデザインが気になっていたので

指輪の正面に当たる部分は光沢に仕上げ

両側面はマット加工を施しました。

 

マット加工は女性お気に入りの

少し光沢感の残るヘアラインです。

オーダーメイドの結婚指輪

お二人の結婚指輪は

お揃い感を大切にしながらも

お互いの好みを取り入れたデザインになりました。

 

最初に悩んだマットか光沢か

という部分もうまく取り入れて

お二人らしい結婚指輪になりましたね。

 

ご入籍日がまだ未定だったので

刻印は後日ということで今回入れていませんが、

また刻印のご相談にいらしてくださる日を

心より楽しみにお待ちしております。

 

 

オーダーメイドジュエリーブランド

鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山

結婚指輪:18MA-015(アレンジ)

一覧に戻る