fbpx

結婚指輪のダイヤの選び方|注意ポイントについても解説! | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

marriage knowledge
結婚情報記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

結婚指輪のダイヤの選び方|注意ポイントについても解説!

結婚指輪

目次

1,結婚指輪のダイヤ選びの失敗はありがち

2,結婚指輪のダイヤの選び方

 ①ダイヤは「4C」に基づいてチェックする

 ②適正価格と品質を照らし合わせる

 ③複数の店舗や他のダイヤと比較する

 ④オーダーメイドを検討する

 ⑤「指輪」とダイヤの組み合わせをチェックする

3,結婚指輪のダイヤを選ぶ際の注意点

4,結婚指輪のダイヤ選びは慎重に

結婚指輪は生涯身に着け続ける大切なものです。だからこそ、結婚指輪及び結婚指輪に使用するダイヤは慎重に選ばなければなりません。とはいえ、結婚指輪の購入を検討している方の多くが、「結婚指輪のダイヤの選び方」を知らないものです。

そこで、今回は結婚指輪のダイヤの選び方についてご紹介します。また、選ぶうえでの注意点についてもあわせて解説しますので参考にしてみてください。

1,結婚指輪のダイヤ選びの失敗はありがち

結婚指輪を彩る「ダイヤ」ですが、実は失敗経験のある方が非常に多いものです。そもそも、普段ジュエリーに慣れ親しんでいない方の場合「どのようなダイヤが適切なのか」が分かりません。そのため、「とりあえず金額が高いダイヤなら質の良いダイヤだろう」「ダイヤはダイヤだし、安くても問題はないだろう」と考えてしまう方が多いのです。

しかし、一口に「結婚指輪のダイヤ」といっても質や種類、それぞれの特徴などには大きな差がありますので、慎重に選ばなければなりません。これから先何十年もともにする結婚指輪。失敗のないように選ぶためには、慎重な選択と判断、そして情報収集が必要です。

2,結婚指輪のダイヤの選び方

結婚指輪のダイヤを選ぶにあたり、「どのような選び方が正しいのか」は多くの方が疑問に思うことです。ここからは、ジュエリーにおけるプロの目線で「結婚指輪のダイヤの選び方」について、詳しく解説します。

 ①ダイヤは「4C」に基づいてチェックする

結婚指輪のダイヤを選ぶにあたり、「4C」に基づいたチェックが必要不可欠です。4Cとは、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)それぞれの頭文字である「C」をまとめたものを意味します。

それぞれ、ダイヤの大きさや重さ、色、透明感、形状などを指す単語であり、ダイヤの品質をチェックするときに必要な項目といえます。ダイヤ重さが重くなればなるほど、そして大きさが大きくなるほどに美しさや輝きが増します。

また、ダイヤは無色透明かつ透明感の高いものが美しいとされていますので、色のついたダイヤはあまり好まれません。

ちなみに、ダイヤは形状によって全く異なる表情を見せます。「カットによる形状」がダイヤの美しさを大きく左右することから、4Cとして「カット」も重要視されています。

 ②適正価格と品質を照らし合わせる

結婚指輪のダイヤを選ぶときには、ダイヤの適正価格と、ダイヤの品質を照らし合わせることが大切です。一口に「ダイヤ」といっても、ブランドやショップなどによって品質は様々です。例えば「形状」「透明感」などは、ブランドやショップで差が大きく、しっかりと見極めないと質の悪いダイヤを高額な料金で購入することになってしまいます。

ちなみに、ダイヤは「国際基準相場価格」に基づいて価格が決定します。需要と供給のバランスによって若干価格が変動し、さらにダイヤモンドの品質に応じて価格が加算されるのです。

また、日本で販売されているダイヤの全てが輸入品であることから、外国為替相場によっても価格が変動してしまいます。結婚指輪のダイヤを選ぶときには、適正価格と品質を照らし合わせてから慎重に判断してください。

 ③複数の店舗や他のダイヤと比較する

結婚指輪の購入を検討しているのであれば、複数の店舗や他のダイヤを比較することが大切です。ダイヤは店舗によって価格が異なりますし、品質もダイヤによって差があります。

実際、ダイヤにはダイヤそのものの価格の他に「店舗管理費」「流通に関する諸経費」などが加算されていますので、店舗ごとに金額に差があるのです。

また、ダイヤは大きさや透明感、形状など、商品によってばらつきがありますので、「どんなダイヤを結婚指輪に取り入れたいか」をイメージしながら選ばなければなりません。

なお、最近はオンラインショップも増えてきていますので、わざわざ店舗をはしごしなくても、インターネット上でショップやダイヤを比較することができます。

最初から一店舗に絞ってダイヤを購入してしまうと、「違うところで購入すればよかった…」と後悔することになってしまう恐れがありますので、必ず「比較」を忘れないようにしてください。

 ④オーダーメイドを検討する

結婚指輪を選ぶのであれば、「オーダーメイド」を検討してみませんか?オーダーメイドであれば、「選んだダイヤに合わせて指輪を作る」といった、ダイヤの良さを最大限に引き出した結婚指輪を作成できます。

とくに、「ダイヤをこだわって選んだ」「ダイヤが引き立つ結婚指輪にしたい」という場合は、既成の結婚指輪よりも、オーダーメイドのほうがより満足できる仕上がりになることは間違いありません。

また、オーダーメイドの結婚指輪であれば、世界にたった一つだけの素晴らしい結婚指輪へと導くことができます。結婚指輪は、これから先夫婦で何十年も身に着けるものですから、ぜひオーダーメイドでこだわって結婚指輪を作成することをおすすめします。

 ⑤「指輪」とダイヤの組み合わせをチェックする

結婚指輪のダイヤを選ぶにあたり、「既成の指輪」を検討しているのであれば、「指輪とダイヤの組み合わせ」をチェックしなければなりません。

ありがちな失敗として「結婚指輪とダイヤのバランスが悪い」「ダイヤが引き立たないデザインになってしまった」といった例が挙げられます。

指輪とダイヤを組み合わせるには、それぞれの良さをつぶさないような「調和」を意識した組み合わせが必要です。指輪とダイヤの組み合わせについて「自分では見極められない」という場合は、ジュエリーのプロに相談してみましょう。

3,結婚指輪のダイヤを選ぶ際の注意点

結婚指輪のダイヤを選ぶにあたり、注意しなければならないのが「コストを重視しすぎる」という点です。

結婚指輪は一般的に高額なものですので、「できれば価格を抑えたい」という方もいらっしゃるでしょう。安価な結婚指輪が必ずしも低品質とは限りませんが、中には「粗悪な結婚指輪」も販売されています。

せっかく購入した結婚指輪に対して、後悔の気持ちを抱かないためにも必ず「品質」を重視した結婚指輪選びをしてください。

4,結婚指輪のダイヤ選びは慎重に

結婚指輪のダイヤ選びは一生に一度の大切なお買い物です。だからこそ、慎重に検討しなければなりません。これから数十年の時をともにする結婚指輪は、満足できるものにしましょう。

現在、結婚指輪の購入を検討している方は「ダイヤの選び方」について、今一度理解を深め、失敗のないように選んでくださいね。

【関連投稿】

一覧に戻る