fbpx

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイド ジュエリー ブランド 鶴 mikoto ミコト 東京 代官山

about 4c
4つのCについて

来店予約 お問い合わせ
ダイヤモンドの品質を評価する基準として、G.I.A(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた4つのC Carat(カラット=重さ)、Cut(カット=輝き)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティー=透明度)を 4C と呼んでいます。 この4つのCの組み合わせで評価することが一般となっています。

Carat

カラット=重さ

ダイヤモンドの販売を見る際にカラットと聞くことが多いと思います。このカラットとはダイヤモンドの重量を表します。 単位記号は「ct」が用いられます。1メトリック・カラット=0.200gで1gですと0.5ctになります。 原石の大部分は1ct未満の小粒ですので大粒の原石は大変希少です。 同じグレードであれば、石が大きければ大きいほどその価値は高くなります。 婚約指輪で通常良く使われるカラットは0.2〜0.3ctになります。

Cut

カット=輝き

婚約指輪のカットは「ブリリアント・カット」が通常使われており、カットの評価はこの「ブリリアント・カット」にのみつけられます。 品質の種類は、エクセレント・ベリーグッド・グッド・フェアー・プアーの5段階です。 エクセレントが一番美しく加工されていることになります。

Color

カラー=色

ダイヤモンドの大半には、わずかな色が認められます。 その地色は、黄色がかっていたり、褐色がかった色合いのため、無色にどれだけ近いか、離れているかが評価の基準になります。 色のグレードは厳選されたマスター・ストーン(基準石)と比較し、黄色味の濃度に応じて、アルファベットのDからZまでグレードがつけられます。

Clarity

クラリティー=透明度

結晶形成時に取り込まれた包有物が多い程、石の透明度が下がり、輝きを損なうという意味合いを持っています。 クラリティーのグレーディングは内部の特徴(インクルージョン)と外部の特徴(ブレミッシュ)とに分類して行われています。 外部特徴はカット傷などの存否で判断します。 内部特徴としてインクルージョンの大きさ、数、位置、性質、色や目立ちやすさなどを10倍率拡大という条件で観察してグレードを決定しています。