fbpx

婚約指輪のサイズについて|最適なサイズ選びとは | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

marriage knowledge
結婚情報記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

婚約指輪のサイズについて|最適なサイズ選びとは

イエローゴールドの婚約指輪

婚約指輪を贈ることは、人生において非常に大きなイベントだと思います。今回は、婚約指輪選ぶ際の大事なポイント、サイズについてご紹介いたします。

1,結婚指輪と婚約指輪それぞれのサイズの選び方

まず、結婚指輪と婚約指輪それぞれのサイズ選びの違いについてです。

 

結婚指輪は、日常的に着用し続ける方が多いと思います。指輪を着用し続けることにより、指は徐々に痩せていく傾向があります。着けたばかりの際はきつめに感じたとしても、時間と共に馴染んできます。

 

そのことを考慮せずサイズを決めてしまうと、時間の経過とともに指輪が動きやすくなってしまったり、外れやすくなるといったことが起こる可能性があります。

 

 

結婚指輪のサイズについての詳細はこちらの記事をご参考ください。

 

結婚指輪のサイズについて|ライフスタイルに合わせた選び方

 

 

また、衛生面や仕事によっては外す機会が多い方もいらっしゃいます。その場合、脱着のしやすさを想定して、サイズに少し余裕をもたせたり、指輪の内側の形状を丸くしたり(内甲丸)にしたり少しアレンジをすることおすすめします。

 

このことから、結婚指輪は一人ひとりのライフスタイルを考慮しながらサイズを選ぶ必要があるでしょう。

 

一方、婚約指輪ですが、ダイヤモンドがあしらわれた指輪を選ばれる方が多いと思います。よって、結婚指輪とは違い婚約指輪のサイズは、ダイヤモンドの重みを加味しながら選ぶ必要があります。サイズが緩すぎるとダイヤモンドの重みで指輪が回ってしまったりするからです。

2,サイズの測り方はブランドによって差がある

指輪のサイズの測り方はブランドによって差があります。特に既製品のブランドは、サイズを1号単位で測るところが多く、0.5号単位で測ってくれるところは少ないです。

 

また、指の痩せやダイヤモンドの重みを加味せず測るブランドもあるので、どうしても測る人(ブランド)によって差が生じてしまいます。

 

指輪を購入する際には改めてサイズを測り直してから決めることをおすすめします。

3,むくみに要注意

見落としがちなのが指のむくみです。むくみを考慮せずに指輪のサイズを決めてしまうと、むくんだ際にきつく感じたり、逆に、むくんだ時に測ってしまうと緩く感じたりしてしまいます。

 

季節、体調、お酒などで指輪のむくみは変わるので、できる限りむくみを把握した上でサイズを決めることをおすすめします。

4,リング幅にも要注意

リングの幅もサイズに影響してきます。幅が細い指輪の場合、圧迫感が少ないので小さめのサイズがちょうどよいと感じたりします。

 

逆に、幅が太い指輪の場合は、指に触れる面積大きくなるため、きつく感じたり、節が通りずらくなったりします。

 

指輪のデザインによって適切なサイズ(丁度良いと感じるサイズ)が変わってきますので、試着を通してバランスを見ながら選ぶことをおすすめします。

5,サイズ直しができるブランドで購入を

上記に記載したことを意識しながらベストなサイズ選びをしたとしても、年齢や体格の変化でどうしても着け心地は変わってきてしまいます。

 

よって、アフターケアでサイズ直しをしてくれるブランドで購入することをおすすめします。

 

*私たちのアフターケアについてはこちら

アフターケアについて

6,婚約指輪はオーダーメイドでつくるのがおすすめ

上記でも少し触れましたが、サイズの測り方はブランドによって差が生じてきます。特に既製品の場合は、1号単位で測るところが多く、微調整をすることができません。

 

一方、私たちのオーダーメイドでは、0.5号単位でサイズを調整しております。加えて、お客様の指の形状、ライフスタイルに合わせながら、指輪のデザイン(形)をご提案させていただいております。

 

婚約指輪はデザインやダイヤモンドに注目されますが、サイズも着用感に影響する非常に大切なポイントです。よって、私たちはデザインやダイヤモンドが選べることはもちろん、着用感にもこだわり、最適なサイズの指輪をおつくりしております。

 

繰り返しのサイズ直しは指輪の耐久性にも大きく影響してきてしまいます。おふたりのこれからに寄り添う大切な指輪です。末永く愛用できるよう、私たちに婚約指輪つくりのお手伝いをさせていただけると嬉しいです。

一覧に戻る