fbpx

婚約指輪としても人気の「ハーフエタニティリング」について | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

marriage knowledge
結婚情報記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

婚約指輪としても人気の「ハーフエタニティリング」について

ハーフエタニティリング

婚約指輪といえば一粒のダイヤモンドを留めたデザインが定番ですが、最近では「ハーフエタニティリング」も人気を集めています。ここでは、「ハーフエタニティリング」が人気な理由をご紹介したいと思います。

1,エタニティリングとは?

エタニティリングには「フルエタニティリング」と「ハーフエタニティリング」の2種類があります。

 

フルエタニティリングとは、指輪の全周に隙間なくダイヤモンドをあしらったデザインの指輪です。どの角度から指輪を見ても、ダイヤモンドの輝きが分かり、手元を華やかに演出してくれます。

 

一方、ハーフエタニティリングは、指輪の半周にダイヤモンドをあしらったデザインの指輪です。ダイヤモンドをあしらっていない部分は、シンプルな鏡面仕上げを施した指輪が全体的には多いです。

 

ただ、ハーフエタニティリングといっても、ブランドによってはダイヤモンドが指輪の半周以下しか留まっていない(ハーフではない)場合もあるので、「ハーフエタニティリング=指輪の半周にダイヤモンドをあしらっている」とは必ずしも言えません。

2,ハーフエタニティリングが婚約指輪として人気の理由

ハーフエタニティリングが婚約指輪の代わりとしても人気の理由をいくつかご紹介したいと思います。

 

■日常使いしやすい

婚約指輪の定番である1粒のダイヤモンドをあしらったデザインの場合、ライフスタイルによっては結婚後に着ける機会が少なく、せっかく贈った素敵な婚約指輪がタンスの肥やしになってしまう場合があります。

 

一方、ハーフエタニティリングは、定番の婚約指輪に比べ主張しすぎないことから、シーンを選ぶことなく着用し続けられるのが魅力の1つです。

 

また、ハーフエタニティリングはフルエタニティリングと比べ、手のひら側に宝石があしらわれていないので、日常生活においてダイヤモンドの破損等を比較的気にせずに着用できるのも魅力です。

 

■控えめなシーンでも外さなくてよい

日々の生活において、ダイヤモンドの様な華やかさを控えた方が良いシーンがあると思います。定番の1粒の婚約指輪であれば、存在感があるため外す方が望ましいかもしれませんが、ハーフエタニティリングの場合は、ダイヤモンドをあしらっている側を手のひら側に回せば、周りから見える側はシンプルな指輪になるため、指輪を外さなくても比較的参加しやすいでしょう。

 

■サイズ直しがしやすい

フルエタニティリングの場合、ダイヤモンドが全周にあしらわれていることからサイズ調整が難しいの比べ、ハーフエタニティリングは地金のみの箇所があるためサイズ調整が可能になります。

 

どうしても、年齢と共に体質や体型の変化をしてしまうので、末永く着用してほしい(したい)という方にはハーフエタニティリングの方が望ましいでしょう。

3,エタニティリングを選ぶ上での注意点

エタニティリングを選ぶ上でいくつか注意してほしい点があります。是非、ご参考にしていただければと思います。

 

■ブランドによってダイヤモンドの個数が違う

上記でも少し述べましたが、ハーフエタニティリングといえど、ブランドによっては費用を抑えるためにダイヤモンドをリングの半周以下しか留めていないブランドもあります。

 

よって、ハーフエタニティリングを選ぶ際は、指輪とダイヤモンドのバランスを実際に見てお選びいただくことをおすすめします。

 

■ダイヤモンドの留め方によって強度が異なる

エタニティリングは、小さなダイヤモンドを1粒1粒留めていきます。よって、石留めの技術が優れていない(留め方が甘い)と日常生活でダイヤモンドが欠損してしまうことがあります。

 

また、留め方にも様々な方法があり、ダイヤモンドの欠損以外にも、ダイヤモンドをできるだけ露出し輝きを保てる留め方と、そうではない留め方では同じエタニティリングでも印象が異なります。

 

よって、ダイヤモンドの留め方にも注目してお選びいただくことをおすすめします。

 

■こまめなお手入れが必要

ダイヤモンドは、性質上油分が付着しやすい宝石ですので、こまめにお手入れする必要があります。基本的なお手入れは乾拭きで問題ありませんが、汚れや曇りが目立つ場合は中性洗剤で洗うとよいでしょう。洗う際は、排水溝に流さないよう、ネットを敷くなど十分気を付けてください。

 

自己手入れでも気になる場合は、購入したお店でクリーニングをしてもらうと良いでしょう。そういった観点からも、アフターケアが充実しているお店で購入することをおすすめします。

4,オーダーメイドでつくるエタニティリングの魅力

エタニティリングは様々なお店(ブランド)で取り扱っており、今ではメジャーなデザインの1つですが、上述した通りダイヤモンドの個数やその留め方はブランドによって様々です。

 

一方、私たちのオーダーメイドでは、エタニティリングの素材を4種類(プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド)の中から、お選びいただけますし、ご希望やご予算に合わせてダイヤモンドの個数もお選びいただけます。

 

また、ダイヤモンドの留め方の種類もいくつかご用意しておりますでの、好みに合わせてアレンジができます。もちろん、刻印や誕生石もお入れすることができます。

 

おふたりだけの、おふたりらしいエタニティリングをつくりにぜひアトリエに遊びにきてくださいね。

一覧に戻る