fbpx

結婚指輪をフルオーダーでつくる魅力について | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

marriage knowledge
結婚情報記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

結婚指輪をフルオーダーでつくる魅力について

フルオーダーの結婚指輪

おふたりのこれからの人生に寄り添う結婚指輪はかけがえのないものです。今回は、おふたりらしさが最大限表現できるフルオーダーの魅力をご紹介したいと思います。

1,フルオーダーの結婚指輪について

結婚指輪のオーダーメイドには、「セミオーダー」「フルオーダー」の2種類あります。

セミオーダーは、サンプルリングのデザインをベースに、素材やテクスチャーの組み合わせでデザインしていくオーダーメイドになります。

 

そのアレンジパターンはセミオーダーを展開しているブランドによってバラバラですが、私たちのセミオーダーでは、デザイン・素材・テクスチャー・ダイヤモンド・誕生石・刻印の組み合わせで50,000通り以上あります。

 

また、他のブランドとは違い、指輪の幅や着け心地を良くするために内甲丸に変更したりと、そのアレンジの幅は多岐に渡ります。よって、限りなくフルオーダーに近いセミオーダーを展開しています。

 

一方、フルオーダーは、サンプルリングに展開していないデザインの指輪をつくる、言わば、おふたりがイメージしているデザインをゼロからカタチにしていくつくり方になります。

 

おふたりとのお打合せを通し、イメージをデザイン画に落とし込みながら完成形を擦り合わせていきます。細部にわたりおふたりらしさを表現できるので、結婚指輪にこだわりたい方には最適だと思います。

 

ただ、フルオーダーの結婚指輪は、手間と時間、職人の技術力が必要になるので、対応できるブランド(お店)が少ないのも特徴です。

2,フルオーダーの結婚指輪の実績紹介

私たちのブランドでは、フルオーダーの依頼も多数いただいています。そんなフルオーダーの実績をいくつかご紹介したいと思います。

実績①|2つのリングを重ねづけした様なデザインの結婚指輪

フルオーダーの結婚指輪

具体的なイメージを持ってお越しいただいたおふたり。2本の指輪が交差したようなギメルリングをご希望されていましたが、女性がお仕事で手を使うので実際に2本のリングを着けるのは邪魔になってしまうかも、、、と悩まれていました。

 

そこで、指輪の中心に溝を入れることにしました。中心に深めの溝を入れることにより、2本の指輪を着けているようなデザインになります。

 

男性は二つ異なるテクスチャーを入れたいとのご希望がありましたので、上下それぞれにマット加工と光沢の加工でメリハリを加えました。

女性は光沢の仕上げの方が好きとのことで全面鏡面仕上げを施しています。

 

この結婚指輪のお客様とのストーリーはこちら

実績②|ぴったりと重なるよう設計した結婚指輪

フルオーダーの結婚指輪

結婚指輪と婚約指輪をきれいに重ね付けしたい!というご希望で制作した3本。
既存のデザインを見ていきながら婚約指輪はリボンっぽいフォルムにしたいとご希望を伝えてくださった女性。

その後も何度かアトリエに足を運んでいただいて一からデザインを決めていきました。

 

婚約指輪のこだわりは結婚指輪に沿うようにセッティングしたダイヤモンドの流れとサイドにセッティングしたメレダイヤの絶妙なバランスです。
最初は左右に向かってだんだんと脇石を小さくグラデーションにしようとお話していましたが、男性のアイディアで中石の横のダイヤを小さくし、外側のダイヤを大きく変化させたデザインでした。

 

女性が男性の案に嬉しそうに「かわいい!」とうなずく様子がとても印象的でした。

横のダイヤを小さくして中石とメリハリをしっかりさせたことで中心のダイヤの存在感もしっかりと感じられます。重ね付けをよりきれいに見せるために微調整を行えるのもオーダーメイドの魅力です。

 

この結婚指輪のお客様とのストーリーはこちら

実績③|鎚目に結び目がアクセントな結婚指輪

フルオーダーの結婚指輪

”WEBをみて写真の指輪も気に入ったものばかり”とはるばる京都からお越しいただいたお二人。

 

ここで作りたいと思って来ました!”と嬉しいお言葉をいただきました。

 

お二人ともマットな雰囲気がお好きで男性は細身の馴染みのいいデザイン、女性は鎚目が最初にお持ちのイメージでした。細身のデザインから見ていたいたお二人。女性はS字の形がお気に入りに。男性は19MA-027の丸みや錆加工がお気に入りでした。

 

そこで男性と女性のお好みを合わせた丸みをしっかりつけたS字のフォルムに鎚目を入れる案をご提案。女性は気に入ったご様子でしたが男性はまだしっくりときていないようでした。

そこで結び目のようにラインを入れたデザインをご提案すると、シンプルながらもデザインにアクセントが出てお二人とも指輪のイメージが掴めたようでした。

 

女性のお気に入りのS字カーブに鎚目を施したデザインと、男性お気に入りの丸みのあるシルエット、お二人の”好き”を組み合わせたからこそたどり着いたデザイン。

お二人のお話を伺う中でどんどんイメージが膨らんで出来上がった結婚指輪です。

 

完成した指輪がお二人の新しい生活と共に歩んでいけることがとても嬉しく思います。

 

この結婚指輪のお客様とのストーリーはこちら

3,私たちのフルオーダーの結婚指輪とは

私たちが結婚指輪をつくらせていただくにあたり大切にしている3つのことがあります。

 

①お客様の個性や感性を最大化させる
②妥協なきものづくりを追求する
③最高価値を提供する

 

結婚指輪というものは、おふたりのこれからの人生において大切な証となるものです。よって、その指輪つくりを任せていただくことに大きな責任があると私たちは考えています。

 

よって、おふたりだからこそ創り上げられるデザインの結婚指輪を妥協することなく、完成度高くつくることは当たり前とし、指輪だけでなく、おふたりで指輪をつくりあげる(カタチにしていく)その瞬間がおふたりにとって価値のある体験になるよう(思い出になるよう)、体験そのものも商品と捉え、体験と指輪を1つのパッケージとした最高価値の提供をしたいと考えています。

 

おふたりにとって最高の結婚指輪となるよう、加えて最高の思い出になるよう、精一杯おふたりの結婚指輪つくりをお手伝いいたします。

一覧に戻る