fbpx

たっぷりと使ったプラチナが優しく包む指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

たっぷりと使ったプラチナが優しく包む指輪

プラチナ 指輪
着物の帯が重なるように
左右から伸びてきたアームが
緩やかなV字のカーブを描く
プラチナの結婚指輪のご紹介です。

トップ部分は下にしっかりと
幅をとっていますが
指輪全体では太く見えないよう
しっかりとシェイプしながら
後ろに伸びていくデザインが特徴的。

地金を惜しまず使ったので
指に着けたときの
吸いつくような着け心地が
とっても気持ちがいいリングです。

厚みを薄くしたり細身のリングの方が
着け心地が軽やか
と言われる方も多いですが
たっぷりと地金を使うと
着けたときに指が包まれるような
安定感があります。

どちらがお好みか
ぜひ試してくださいね。

女性のデザインでは
左側にダイヤモンドを留めました。

外側からしっかりと光を受けて
華やかな印象をもたせてくれます。

面がしっかりとあるリングなので
表面の加工を変えたり
石の位置や数を変えたりと
おふたりだけのアレンジも
たくさんできちゃう
そんな指輪です。

アトリエにお越しの際はぜひ
ご試着してみてくださいね。


オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山
結婚指輪:18MA-023

2段になった独特の形がシンプルながらも個性を感じる結婚指輪

一覧に戻る