https://mikoto-jewelry.com/

お互いのこだわりを大切に、ひねりのフォルムでお揃いにした結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

お互いのこだわりを大切に、ひねりのフォルムでお揃いにした結婚指輪

ご入籍されたばかりのお二人が
結婚指輪を探しに、
アトリエを訪れてくださいました。

 

デザインのご希望をお伺いすると、
男性はシンプルな印象で
リングにひねりが加わっているような指輪を。

 

女性もひねりのような形で
ダイヤモンドが留まっているデザインも
素敵だなと思っていると
お話ししてくださいました。

 

カーブフォルムの結婚指輪

 

お好みがそれぞれ違っていてと
おっしゃられていたお二人。

 

“ひねり”という
フォルムでお揃い感を気にしつつ
それぞれの一番のお気に入りのリングを
探していきました。

 

ひねりフォルムのオーダーメイドの結婚指輪

 

男性が選ばれたのは、
平打リングを翻すようなフォルムが特徴的な
18MA-019

 

女性と同じフォルムも身につけてみましたが
掌側も真っ直ぐのストレートフォルムではなく
全体的にひねりが大きく入っていることで
変わっている印象のリングがいいと
選んでくださいました。

 

リングトップには
ライン彫りという彫り模様を
リングのフォルムに彫り入れています。

 

この彫り模様も、
動きがわかりやすくなるからという
フォルムの動きを大切にされた
男性のこだわりのポイントです!

 

プラチナの結婚指輪

 

女性は
たくさんのリングを身につけていく中で、
18MA-010をお仕立てすることに。

 

女性が大切にされていたのは
婚約指輪との重ね付け。

 

重ねた時にどちらも綺麗に見える組み合わせを
試行錯誤の上選ばれました。

 

特に18MA-010でお好みだったのは
1本でつけた時にも
手が綺麗に見えるデザイン。

 

中心がしなやかにくびれることで、
指が長く細く見えるフォルムは
女性の華奢な手にも優しく寄り添うような
美しい結婚指輪です。

 

コレクションよりも少し幅を細くアレンジして
お仕立てしたのも
こだわりのポイント!

 

ブランドロゴとお客様の手

 

それぞれが思うこだわりを大切に
ひねりという共通のフォルムでお仕立てした
結婚指輪。

 

いつも和気藹々と
飾らない雰囲気がとても素敵なお二人にぴったりの
お互い活きいきとしたペアになりましたね。

 

これからもお二人で楽しく、
幸せなご家庭を築いていかれてください!

 

末永く、お幸せに。

 

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山
結婚指輪:Male/18MA-019(アレンジ)
Female/18MA-010(アレンジ)

一覧に戻る