お二人が寄り添い合うことで、ぴったりお揃いになった結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

お二人が寄り添い合うことで、ぴったりお揃いになった結婚指輪

結婚指輪のご試着にいらしたのが
鶴(mikoto)がはじめてだったお二人。

 

ご来店された時は
女性はゴールドの艶がないもので
アンティークな雰囲気のデザインをご希望でした。

 

男性は、普段アクセサリーを身につけないため
イメージが難しいご様子。

 

お二人でたくさんのリングを1つずつ、ご試着していきました。

 

オーダーメイドの結婚指輪

 

お二人が気に入ってくださったのは、
直線がなく輪郭がゆらゆらとしたフォルムの18MA-013と、
輪郭がパキッと整った印象の多面体のデザイン。

 

その2つを見比べていくと、
男性は、個性的なデザインよりはシンプルなデザインの方が
身につけたときの抵抗が少なく、個性的なデザインは苦手だったため
はじめは18MA-013は良いかもしれないとおっしゃられていました。

 

ですが、お二人が大切にされていたのは
『2つのリングのデザインは同じにしたい』というお気持ち。

 

ペア感を大切にされながらご試着を進めていく中で、
“普通すぎず、面白いから好き!”と気に入ってくださっていた
女性のお気持ちに寄り添い、
お二人でお揃いの、多面体のデザインでお仕立てすることに!

 

ホワイトゴールドの結婚指輪

 

指に馴染んで落ち着いた印象の方がお好みの男性と
アンティークな雰囲気が好きな女性。

 

お二人のお好みを合わせて、
地金は一緒にホワイトゴールドを選ばれました。

 

表面の質感は、ヤスリ仕上げだとシャープすぎるからと
お二人とも光沢感もお気に入りのサテン荒のアレンジを施し
多面の凹凸がナチュラルになるようにアレンジ。

 

マット(つや消し)加工の結婚指輪

 

側面の加工は、
男性のリングは、より肌馴染みがよくなるように、
マットの加工を施し
女性のリングは、メリハリが効き、女性らしい光沢感が出る
鏡面仕上げをそれぞれ施しています。

 

オーダーメイドでつくった結婚指輪を着けたお客様の手

 

ゆっくりじっくり1つずつ確認しながらデザインを決められたお二人。

 

ご納品のお写真をお撮りするときにも
お二人で、”どうしよう。何が正解なんだろう”と
一生懸命考えられているお姿を見て
じっくり物事に向き合うお二人がとても素敵だなと
改めて感じました。

 

鶴(mikoto)のロゴとお客様

 

寄り添い、支え合うお二人が
これからも素敵な時を一緒に過ごしていけますように。

 

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山

結婚指輪:18MA-008(アレンジ)

 

1面1面丁寧に施したマットのテクスチャーが印象的な結婚指輪

一覧に戻る