https://mikoto-jewelry.com/

それぞれのこだわりが詰まった、お揃いの結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー11

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

それぞれのこだわりが詰まった、お揃いの結婚指輪

特にイメージはないのですがと
アトリエにお越しになったお二人。

 

お二人でたくさんリングを身につけながら
ゆっくりとデザインを決めていきました。

 

V字フォルムの結婚指輪

 

男性は、18MA-025のギメルリングがお好み。

 

女性は、リングが湾曲しているもので
ダイヤモンドが留まっているデザインをご希望でした。

 

お揃いのデザインにしたいと
18MA-025のリングに合わせてアレンジを考えはじめた女性に対して、
”カーブのリングが好きなんでしょ?それならカーブにしようよ!”と
切り出した、優しい男性。

 

男性が女性のお好みを尊重され、
お二人でカーブフォルムにすることに。

 

V字フォルムにダイヤモンドをあしらった結婚指輪

 

カーブリングの中でも迷われたのは
18MA-02318MA-022

 

ダイヤモンドの留まり方、見え方や、
お二人の手とのバランスを考えて
V字カーブのお揃いのデザインを選ばれました。

 

V字のプラチナの結婚指輪

 

男性のリングは、
女性のお好みに合わせて、鏡面仕上げでお仕立て。

 

そのままの幅の太さだと少し細いため、
ボリューム感が欲しいというご希望に合わせて
全体的に幅を太くアレンジして制作しました。

 

幅の出し方やボリューム感のバランスは
お任せいただき、
職人と打ち合わせをしながら制作したため
私も思い入れの強いデザインです。

 

V字のダイヤをあしらったプラチナの結婚指輪

 

女性のリングには、
ダイヤモンドをリングフォルムの流れに合わせて
お留めしました。

 

リングの右側に留めるかとても迷われていましたが、
あまり大きすぎるダイヤモンドを留めるよりも
さりげない印象を大切にするため
リング左側に施しました。

 

女性らしい華やかさと厳かな印象のバランスが
とても良いデザインになりましたね!

 

オーダーメイドの結婚指輪を着けたお客様

 

とっても仲良しで、いつもラブラブなお二人。

 

ご納品の際も、とっても明るいお二人につられて
私も自然と楽しい気持ちになりました!

 

これから笑顔が溢れる
明るくて楽しいご家庭を築いてくださいね。

 

末永くお幸せに!

 

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山

 

結婚指輪:18MA-023(アレンジ)

一覧に戻る