艶やかな質感にすることで個性的な印象になった結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

艶やかな質感にすることで個性的な印象になった結婚指輪

ギメルリングにご興味を持って、アトリエに来てくださったお二人。

 

色々なブランドの指輪を見ているなかで、
どこも似通った感じがして、もっと個性的なものがいいと思い
オーダーメイドで探してくださったとのことでした。

 

その中でも、女性がギメルリングに一目惚れして、と
お越しくださいました!

 

ギメルリングの結婚指輪

 

実際に指輪を身につけてみると、
“もっといかついと思っていたけども 全然そんなことない!いいね!”と
気に入ってくださったお二人。

 

質感はお二人で艶のある鏡面の仕上げにし、
存在感のある印象に。

 

また、リングの輪郭に少し丸みを出すことで
指当たりや見た目の印象を柔らかくしました。

 

ゴールドとプラチナのコンビリングの結婚指輪

 

男性のリングは、プラチナとイエローゴールドでお仕立て。

 

幅を細くしようか迷われていましたが、
手とのバランスの良さを考え、
しっかりとしたボリューム感から男性らしさを感じられる4.0mm幅にしました。

 

じっくりと迷われている男性でしたが、
“今のままが似合ってていいと思うよ!”と言う女性に背中を押されて
“じゃあ、そのままで!”と決められていたお二人のやり取りを見ていて
とっても仲良しだなぁと、こちらも微笑ましい気持ちになったのを覚えています。

 

ピンクゴールドとプラチナのコンビリングの結婚指輪

 

女性のリングは、プラチナとピンクゴールドにすることで
肌に馴染みもいい優しい印象にしてお仕立て。

 

女性は細い指に合わせて、リング幅も少し細くし、
3.0mmにすることで華奢な印象になしました。

 

ダイヤモンドを留めたいというご希望をいただき、
グラデーションになるように
トップの捻り部分にお留めすることで
女性らしい華やかなデザインになりました。

 

オーダーメイドの結婚指輪を着けたお客様の手

 

ギメルリングは2本の指輪が絡み合って
1本のリングになっているデザインのため、
ギメルリングを外してから、元の形に戻すのにはコツがあります。

 

元に戻すのが少し苦手な男性は、
2本のリングをろう付けでくっつけようかなと
おっしゃられていましたが、
お電話でご連絡をいただき、
やっぱり、とギメルの形を活かして女性とお揃いにする事にしました!

 

オーダーメイドの結婚指輪を身に着けたお客様

 

納品時には女性が箱を開け、
“すごーい!”とお二人で喜んでくださいました!

 

いつも和気あいあいとされている、とっても仲良しなお二人。

 

お電話でのご連絡の際には、
スピーカーにして、お二人でお話をしてくださったのが
とても微笑ましく、こちらも嬉しい気持ちになったのを
今でも覚えています!

 

これからもお二人で仲良く、
明るく素敵なご家庭を築いていかれてくださいね。

 

オーダーメイドジュエリーブランド
鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山
結婚指輪:18MA-025(アレンジ)

一覧に戻る