fbpx

マット加工と鏡面仕上げが絡み合うギメルリングの結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

マット加工と鏡面仕上げが絡み合うギメルリングの結婚指輪

マットなギメルリングの結婚指輪

Instagramを見ていただいたことがきっかけで

アトリエにお越しいただいたお二人。

 

お二人が気になっていたのは18MA-025のギメルリングでした。

ギメルリングは2つのリングが絡み合うようにして

1本の指輪になるまるで夫婦のようなデザインの結婚指輪です。

 

他のサンプルリングもご試着していただきましたが

お二人の好みはやっぱりギメルリング。

 

そこでよりお二人好みにするために

どこを変えていくかお話を伺っていきました。

ルビーをあしらったギメルリング

どの地金を組み合わせるかは

すぐに決まったお二人。

 

悩まれていたのはどんな加工を

行っていくかというところでした。

 

ピカピカの鏡面仕上げで二つとも仕上げると

どうしても色の違いがわかりずらくなる、

というところからお二人とも

イエローゴールドとピンクゴールドのリングを

それぞれマット加工にすることにしました。

 

その他にも幅感やフォルムなど

こだわりを持って選んでいただいたお二人。

 

女性の指輪にはお二人のご入籍月である

7月の誕生石のルビーを

彫り留めでお入れしました。

 

鮮やかな赤がきらりと煌めいて

とても素敵です!

ギメルリングに刻んだアルファベットの刻印

内側に入れた筆記体の刻印。

 

入れるなら筆記体がいいけどどうしよう、、、

と悩まれていた女性に

せっかくなら妥協せずにやろう、

という男性の後押しがあり

お入れしたものになります。

鶴(mikoto)のロゴとお客様の手

ご納品後にInstagramにて

”とってもとっても気に入ってます”

と、とても嬉しいメッセージをいただきました!

 

最近ではメンテナンスにもいらしてくださって

お二人がたくさん指輪をつけてくださっている

様子を窺い知ることができ

とても嬉しかったです!

 

指輪を選ぶ間もお互いを思いやりながら

意見を交換して選ばれていたお二人。

本当に素敵なご夫婦だな、と

感じておりました。

 

これからも末永くお幸せに!

 

 

鶴(mikoto)代官山アトリエ
プランナー:尾崎

結婚指輪:18MA-025(アレンジ)

 

 

個性的なギメルリングを色違いでお仕立てした結婚指輪

一覧に戻る