https://mikoto-jewelry.com/

連なるライン彫りが柔らかな光沢感を生み出す色違いの結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お手伝いさせて頂いたお客様との指輪が完成するまでのストーリーをご紹介いたします。

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

連なるライン彫りが柔らかな光沢感を生み出す色違いの結婚指輪

ライン彫りの色違い結婚指輪
 
オーダーメイドで制作できる
結婚指輪を探していたところ
鶴(mikoto)を見つけていただいたお二人。
 
そんなお二人がWEBで見て気になっていたのは、
エッジのあるフォルムが特徴的な平打ちの形でした。
 
実際に平打ちのリングを着けていただくと、
お二人から指輪の着け心地について相談が。
 
平打ちのリングはスッキリとした印象を受けますが
その大きな理由が指輪にエッジがたっていることです。
 
そこで提案させていただいたのが、
指輪の外側のエッジは残しつつも
内側のエッジを丸く仕上げることで着け心地を
滑らかに変えてくれる”内甲丸”の加工です。
 
指への圧迫感が軽減され、
指に吸い付くように変化する
”内甲丸”を気に入ってくださったのを
とてもよく覚えています。
 
ゴールドとプラチナのオーダー結婚指輪
 
艶々に磨き上げた鏡面仕上げよりも
マットな質感や、彫りなど何か加工を施したものが
お好みだったお二人。
 
サテン荒や錆加工、ライン彫りなど
さまざまなテクスチャーがお二人の
お気に入りでしたね。
 
たくさん悩まれていましたが
ご試着を繰り返した後の女性の
”ライン彫りが一番好き”という言葉がきっかけで
デザインが一気にまとまっていきました。
 
幅と色以外は一見お揃いに見えるお二人の指輪。
 
実は側面にもこだわりが詰まっています。
 
男性の指輪は女性から”似合う”との助言もあり
艶々の鏡面仕上げで表面と異なる表情の
メリハリあるデザインにお仕立てしました。
 
女性の指輪は”一体感を出したい”というご希望のもと
側面にまでライン彫りを入れているのが特徴的です。
 
ライン彫りは鏡面仕上げの上を彫ることで
輝きが柔らかくなるので、
全体的に指輪が優しい雰囲気に変わりましたね。
 
誕生石とイニシャルをいれた結婚指輪
 
内側にはお互いの誕生石とイニシャルを交換して
レーザー刻印にてお入れしています。
 
シンプルなデザインを好むお二人らしい、
だけどもお二人の絆を感じられるような
素敵な刻印と誕生石の組み合わせです。
 
オーダーメイドの結婚指輪を着けたお客様の手
 
ご納品の際には少し照れながらも
お二人で笑顔で写真に写っていただきました!
 
お写真をお送りする、とお話しすると
嬉しそうな表情をされたお二人。
 
指輪を楽しみにしてくださっていたことが
伝わってきて本当に嬉しかったです。
 
オーダーメイドだからできる
細かな部分へこだわりを持ったデザインで
お仕立てさせていただいたお二人の結婚指輪。
 
クリーニングのような日常のメンテナンスなど
些細なことでもいつでもご相談くださいね!
 
またお二人にお会いできる日を
アトリエで心よりお待ちしております。
 
 
代官山アトリエ
プランナー:尾崎
結婚指輪:18TE-013(アレンジ)
 
 
お互いのこだわりを大切に、ひねりのフォルムでお揃いにした結婚指輪

一覧に戻る