fbpx

小さな凹凸が無数のきらめきを生む鎚目の結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

小さな凹凸が無数のきらめきを生む鎚目の結婚指輪

小さな凹凸が無数のきらめきを生む鎚目の結婚指輪

槌目 結婚指輪

鎚目、とは金槌などの工具で金属の表面をたたき

凹凸をつける技法のこと。

今日はそんな鎚目の結婚指輪のご紹介です。

写真の結婚指輪では鏨(たがね)という工具を使い

指輪の表面に凹凸をつけていきました。

1つ1つの凹凸に光が差し込むと異なる方向に反射し

きらきらと優しくきらめきます。

ダイヤモンドなどが入っているわけではありませんが

金属自身がもつ輝きによって華やかさもプラスされます。

石入りの指輪は普段使いするときに気になってしまう、

という方にもおすすめの加工ですよ!

また鎚目のリングは1つ1つ手作業によって

凹凸をつけていくので全く同じリングはつくれない

世界に1つだけのリング、というところも魅力的です。

ふたりの結婚指輪に世界に1つだけの指輪を身に着ける、

とてもロマンチックです♡

mikotoでは自社のたくさんの種類の鎚目が選べます。

アトリエにお越しいただいた際には

いろんな鎚目を試してみてくださいね。

オーダーメイドジュエリーブランド

鶴 mikoto(ミコト)東京 代官山

結婚指輪:18TE-005

金剛砂で仕上げた優しいマットの結婚指輪

一覧に戻る