fbpx

鎚目とミル打ちのコンビリング | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

鎚目とミル打ちのコンビリング

鎚目とミル打ちのコンビリング

ミル打ちと槌目の結婚指輪

ミル打ちとは

ミル打ちとは、結婚指輪や婚約指輪の地金(マテリアル)のエッジやライン部分に小さな丸い粒を連続して打刻していく、ヨーロッパで古くから伝わる装飾技法のひとつです。これは、欧米の歴史ある美術館などに展示されている、多くのアンティークジュエリーにも施されています。

ミル打ちの「ミル」とはラテン語のミルグレインのことで「千の粒」という意味があります。ひとくくりにミル打ちといっても、加工方法はいくつかあります。

①手で1粒1粒打ち込む。

②あらかじめ型をつくっておき鎮造する。

③ミル打ちしたように見える型に押し付けて打刻する。

通常、加工賃を抑えるために②か③の加工方法で制作するのですが、これでは1粒1粒均等な美しいミルグレインが表現できません。ただ、②か③の方法で販売されているのが通常です。MIKOTOでは、お二人にとって大切な結婚指輪・婚約指輪を制作する上で、本物で美しい指輪をつくるため、熟練の職人だ手仕事で1粒1粒打ち込んでおります。

鎚目とは

鎚目とは、専用の金槌でリングの表面に鎚の跡を残す加工になります。この加工により、表面の立体感が出て、それぞれの好みに合わせた表現を出すことができます。こちらの加工もミル打ち同様、通常あらかじめ型を作っておいたり、型に押し付けて作ったりしていますが、MIKOTOでは職人が手作業で加工を施します。よって、世界に同じ鎚目が存在せず、お客様に合わせた表現が可能です。

 

MIKOTOでは、結婚指輪・婚約指輪という特別なものを、1つ1つ想いを込めてオーダーメイドで制作していくことを大事にしております。

結婚指輪:18MA-001
 

オーダーメイドジュエリーブランド MIKOTO(ミコト) 東京

 

一覧に戻る