https://mikoto-jewelry.com/

手に馴染むマットの質感を大切にした平甲丸の結婚指輪 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー11

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

手に馴染むマットの質感を大切にした平甲丸の結婚指輪

平甲丸のマットな結婚指輪

艶消しがいいとイメージしてきてくださったお二人。

普段はあまりリングをさる機会がないそうで

どんなデザインにしたらいいかわからないと
おっしゃっていたのですが

女性さまがまず目に入ったのが

ストレートの丸みのあるフォルムに

“梨地粗艶出し”という表面の加工を施した結婚指輪。

 

マットの中に上品な艶感がある加工です。

艶感を残すことでカジュアルになりすぎず

結婚指輪らしい上品な質感を表現できます。

男性さまとも好みがぴったりで

デザインはすぐ決まりましたね。

プラチナとホワイトゴールドの結婚指輪

男性さまは結婚指輪らしいプラチナでお仕立て。

女性さまはお仕事柄
あまり目立たない方がいいとのことで

黄色味を若干感じる優しい色合いの
ホワイトゴールドを選ばれました。

リングの幅感を少し細くし

側面にも同じマットを施して

より自然に手に馴染むような柔らかい印象の
リングになりましたね。

 

表面のデザインをシンプルなものにした分

手打ちで打つ刻印でお互いのお名前を刻み

お名前の間にダイヤモンドを1石をお留めしました。

お互いだけが楽しめる輝きは
特別なものになりましたね。

ダイヤモンドと刻印を入れた結婚指輪

 

どんなリングを選べばいいかわからないと

おっしゃっていましたが

好みも意見もぴったりでしたね。

 

ご入籍日は未定でしたが
製作中に無事にご入籍も済まされ

晴れてご夫婦になられたお二人。

 

いつもニコニコされていて楽しそうに
リングを選んでいたように

明るいご家庭を築かれていってくださいね。

いつまでもお幸せに

 

鶴(mikoto)代官山アトリエ 今井

結婚指輪:18MA-011(アレンジ)

一覧に戻る