https://mikoto-jewelry.com/

オーダーメイドの結婚指輪や婚約指輪のメリットとデメリットについて | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お手伝いさせて頂いたお客様との指輪が完成するまでのストーリーをご紹介いたします。

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

オーダーメイドの結婚指輪や婚約指輪のメリットとデメリットについて

結婚指輪の制作シーン
おふたりのこれからの生活によりそう大切な指輪、結婚指輪と婚約指輪。一生つける指輪だからこそ、妥協せず本当に気に入ったものをつけたいですよね。
 
今回はそんなおふたりにおすすめの、オーダーメイドでつくる結婚指輪や婚約指輪について、メリットとデメリットを交えてご紹介いたします。
 
おふたりの大切な指輪選びのぜひ参考にしてみてくださいね。
 

 

1,結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドとは

 
今まで結婚指輪や婚約指輪を選ぶ際、既製品で購入するのが主流でした。ティファニーやカルティエといった海外のハイジュエリーブランドや、国内ブランドの魅力が強く、各ブランドが発信するジュエリーが選ばれていました。デザインというよりは、どちらかというとブランド名に重きを置いていた価値背景があります。
 
加えて、結婚指輪や婚約指輪を日常つかいする上でシンプルなデザインが好まれていたことも既製品が選ばれてきた理由でもあります。
 
ただ、この近年、価値観や感性の多様化から、ブランド名やデザイン性といった価値観から、独自性や希少性といった個性に重きを置く価値観が高まってきました。着け続ける指輪だからこそ、ふたりのオリジナリティーを取り入れた結婚指輪や婚約指輪にしたい!そんな価値の中、広まってきたのがオーダーメイドです。
 
オーダーメイドの結婚指輪を身に着けたお客様の手
オーダーメイドでは、おふたりの感性やイメージをカタチにしてくれるので、個性を大事にししたい方にはピッタリです。
 
結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドの魅力についてはこちらの記事もぜひご参考ください。
 
結婚指輪のオーダーメイドの魅力を紹介!|おふたりらしい指輪選びとは
セミオーダーやフルオーダーでつくる結婚指輪の違いと魅力について
 
 

2,オーダーメイドでつくるメリットとデメリット

 
ここからは、結婚指輪や婚約指輪をオーダーメイドでつくるメリットとデメリットをご紹介していきます。オーダーメイドで指輪をつくりたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。
 

<オーダーメイドのメリット>

 
■素材からデザインまで好きにアレンジできる。
■指の形状やライフスタイルに合わせてサイズやフォルム、幅をアレンジすることができる。
■予算に合わせておつくりすることができる。
■婚約指輪と結婚指輪の重ね付けを隙間なくぴったりつくることができる。
■デザインを一緒に考える時間が、素敵な思い出として残る。
 

<オーダーメイドのデメリット>

 
■完成までに時間がかかる。
*鶴(mikoto)のオーダーメイドの場合、セミオーダーは1.5ヶ月~2ヶ月、フルオーダーは半年程度お時間をいただいておいます。
(デザインによって前後します)
■試作リングの確認(希望のお客様)を含めると、打ち合わせと納品を含め計3回は来店が必要。
(試作リング無し、郵送納品の場合は1回で済む場合もあり)
■既製品と比べると平均費用が高め。
(デザインや幅によって大きく変わるので、あくまでも平均の話)
 
私たちのオーダーメイドの詳細はこちらのページをご参考ください。
 
鶴(mikoto)のオーダーメイドについて
 
 

3,オーダーメイドで指輪をつくる際の注意点

 
オーダーメイドで指輪をつくる際の注意して欲しいことがあります。結婚指輪や婚約指輪をオーダーメイドで考えている方は参考にしてみてください。
オーダーメイドの結婚指輪
 

①納品日まで余裕をみてお店に行く必要がある

 
1つめは、上記のデメリットでも記載しましたが、既製品と違い完成まで時間がかかるということです。既製品であれば、当日もしくはサイズ調整があっても1週間程度でお手元に届くのに対し、オーダーメイドの場合、デザインを決めてから制作に取り掛かるため、どうしても制作時間がかかってしまいます。よって、ご希望納品日がある場合は逆算して余裕をもってお店(ブランド)に行く必要があります。
 
 

②ブランドによってアレンジできる選択肢が異なる

 
2つめに、オーダーメイドとうたっているブランド(お店)はいくつかありますが、そのブランドそれぞれでアレンジできる選択肢の幅が異なってきます。ベースのリングのデザイン幅やテクスチャ(指輪の表面に入れる加工)の種類、幅やフォルムの選択肢など、ブランド毎におふたりの希望を叶えられる範囲が変わってきます。
 
加えて、フルオーダーでゼロかつくれるお店も非常に少ないので、お店に行く前に必ずホームページでどこまでオーダーでつくれるのか、調べてから行くことをおすすめします。
 
 

③プランナーや職人の知識量や安心度

 
オーダーメイドで指輪をつくる上で、欠かせないのがプランナーや職人の知識量や安心度です。既製品は出来上がっている商品を販売するため、指輪つくりに対しての知識が乏しくてもお客様にご案内することが可能ですが、オーダーメイド対照的に指輪つくりの知識が乏しいとそのまま完成度に反映されてしまいます。職人の技術力や経験値は言わずもがなです。
指輪のサイズを測る接客風景
 
お店によって、プランナーが案内する場合や職人が直接案内する場合とそれぞれですが、おふたりの疑問点に対してしっかり答えてくれることはもちろんのこと、おふたりのイメージするデザインに対して、着け心地や耐久性も加味した最良の提案(提案)をしてくれるお店でつくることをおすすめします。
 
 

4,鶴(mikoto)のオーダーメイドの魅力

 
私たちのオーダーメイドでは、100種類以上のサンプルリングを揃え、お客様に実際に試着していただきながら、おふたりらしいデザインを一緒にみつけていきます。
 
結婚指輪のサンプルリング
デザイン・テクスチャー・ダイヤ・誕生石・刻印などの組み合わせによるセミオーダーのパターン数は50,0000通り以上。もちろん、ゼロから一緒につくりあげるフルオーダーでも指輪をおつくりすることができます。
 
加えて、デザインはもちろんのこと、おふたりの指の形状やライフスタイルを伺いながら、指に馴染む着け心地の良い指輪つくりを大切にしています。おふたりらしい、おふたりだけの結婚指輪や婚約指輪が完成するよう、おふたりの指つくりのお手伝いを精一杯いたします。
 
鶴(mikoto)のオーダーメイドの実績一覧はこちら
 
 

一覧に戻る