fbpx

オーダーメイド婚約指輪の作り方(石座編) | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

オーダーメイド婚約指輪の作り方(石座編)

オーダーメイド婚約指輪の作り方(石座編)

ソリテールの婚約指輪

今回は、オーダーメイドの婚約指輪の作り方「石座」の方法です。石座とは、ダイヤモンドを載せる台のことです。(写真の爪が6つでているもの)

石座の作り方

1、シルバー角棒の端面を赤いマジックで塗り、石の直径より少し大きめの円を描きます。赤くする理由は描いた線が見えやすくなるようにするためです。

婚約指輪の石座の作り方1

2、中心に穴を開けて3mmに切りだします。

婚約指輪の石座の作り方2婚約指輪の石座の作り方3

3、テンプレートを使い、爪を付ける位置を描きます。

婚約指輪の石座の作り方4

4、描いた印しに添って深さ0.5mmの糸ノコを入れます。

婚約指輪の石座の作り方5婚約指輪の石座の作り方6

5、糸ノコと糸ノコの間をヤスリで平面にします。

石座石座

6、六角形の面それぞれ上下真ん中に、三角形のヤスリでV字の溝を削ります。

石座石座

7、さらに角を丸く削り、楕円形が連なった形にします。

石座

8、爪を立てる溝の真ん中に、0.6mmのドリルで穴を開けます。

石座

9、彫刻台にはさんで固定し、先ほど開けた穴をリュウター(回転工具)で削ります。リュウターの先端には1.2mmのカッターを取り付けています。削りすぎないよう赤いマジックを塗り、視認性をあげています。六個の穴のあいた楕円形が連なる石座が出来ました。

石座石座

10、爪をつくります。1.0mmのシルバー丸線を、0.75mmの厚さにします。

石座

11、必要な長さ(約8mm)に切り、ヤスリで削り出します。石座の溝も爪の幅に合わせます。

石座

12、石座の溝に爪をはめ込みロウ付けします。6本の爪に対して上下2箇所、合計12箇所のロウ付けです。爪の角度が全て揃うように注意します。

石座

13、留める石の直径と同じ大きさの円盤を作り、石座の下にロウ付けします。

石座

14、磨いて石座の完成です!

石座

MIKOTOの婚約指輪のオーダーメイドはこの様に職人が1つ1つ手作業で制作いたします。デザイン、大きさなどはお客様それぞれのご要望に合わせて作っていきます。是非、ご希望の婚約指輪をオーダーメイドで制作してみてください。

ソリテールの婚約指輪のオーダーメイドについて

「two hearts」 ダイヤモンドについて

 

オーダーメイドジュエリーブランド MIKOTO(ミコト) 東京

一覧に戻る