fbpx

結婚指輪ひねりリングの原型制作 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

結婚指輪ひねりリングの原型制作

オーダーメイドの婚約指輪ひねりリングの原型制作

今回は、オーダーメイドの婚約指輪のひねりリングの原型制作の紹介です。

1、シルバーの角棒をリングの厚みまで延ばします。(角棒の延ばし方の詳細はこちら→オーダーメイドの結婚指輪原型制作

結婚指輪ひねりリング原型1

2、今回はひねりのデザインを入れるので延ばした角棒にひねりを加えます。

結婚指輪ひねりリング原型2

3、ひねったら指定のサイズ(今回は11号と17号)に丸めて切断面をピッタリ合わせます。

結婚指輪ひねりリング原型3

4、ピッタリ合わせた切断面をロー付けしていきます。(ロー付けにはロー材といい、地金と同じ金属の融点が低いものを使用します。)

結婚指輪ひねりリング原型4

5、ロー付け後、リングを真円にするために形を整えていきます。

結婚指輪ひねりリング原型5

6、真円に整えた後、リングMの内側・側面・外側と順に削り出して形を整えます。

結婚指輪ひねりリング原型7

7、最後に今回の指輪の顏となるひねりの部分が綺麗に流れるよう、360度バランスを見ながら丁寧に仕上げていきます。

結婚指輪ひねりリング原型8

8、完成になります。この後、ゴム型を作り、実際に指輪を作っていきます。ゴム型の制作は別の機会にご紹介します。

結婚指輪ひねりリング原型10

オーダーメイドではこのように1つ1つお客様のご要望に合わせて原型を制作していきます。お客様の指にピッタリ合う結婚指輪・婚約指輪を是非オーダーメイドで作ってみてください。

 

オーダーメイドジュエリーブランドMIKOTO(ミコト)東京

 

一覧に戻る